好きなことをやりたいのなら、その為に好きじゃない事をやる必要はある

「やりたいことをやりたい」

「好きな事をやりたい」

そんな風に思う事はあるでしょう。

それはとても素晴らしい事ですし応援したい事です。

頑張ってその夢を叶える事は良い事です。

しかしその為にはやりたくないことや好きじゃない事をやる必要は出てくるでしょう。

そこまでも嫌がっていたら好きな事をして生きていく事はかなり難しくなるでしょう。

好きな事をやりたいのなら、やりたい事があるのならそこに向かうための道のりまで好きなようにやろうと思うのはかなり辛い道のりになってしまいます。

なので私の意見としては、目的は好きな事をやれば良いと思います。

しかしそこに向かう道のりまでは好きなことだけをやるというのは違います。

それでも出来る事はありますが、かなり時間がかかったり無理なものも出てくるでしょう。

それは何故なのかというと例えば、

パワーストーンが好きでパワーストーンショップをやりたいと決めたとします。

それは素晴らしい事だと思いますが、単純にそれだけでは商売にはなりません。

しっかり集客もしなければいけませんし、雑務や会計のような作業も必要になってきます。

そういった作業が嫌いだったとしても、やらなければ商売にはならないのです。

そんな仕事も好きなのであれば良いのですが、それが苦痛でやりたくないと思ったらパワーストーンショップを開く事はできないでしょう。

お金が有り余るほどあって、人に任せる事も出来ますのでその方法を取れば良いのですが、もし人を雇うようなお金を持っていなければ自分でやるしかありません。

本当はパワーストーンを作るだけで生きていきたいと思っても、なかなか出来ないのです。

趣味であればそれでも良いのですが、商売にしたいと思ったのならそうやって嫌なこともやっていかないといけない事もあるのです。

やりたい事をやるのならやらなければいけない事もあるのです。

なので私は、欲しい結果は自分のやりたいことでも良いと思うのですが、そこまでの過程に関してはやりたくない事もやるべきだと思います。

そのほうが確実に、そして早く欲しい結果が手に入るでしょう。

目次

やりたくないことや興味のないことからでも学ぶことはたくさんある

自分がやりたいと思っていないことでも、全く興味のないことでもやってみると気付きや学びというのはたくさんあります。

全く興味ないものでも、「せっかくだから何かを得よう」と思っていれば何かしらの学びは出来ます。

やりたいと思わないことや興味のないことというのは、基本的に何かそういったチャンスやタイミングがなければ一生やらないことでもあります。

そういうものは今までの自分の価値観では選ばないことですし、そういう価値観を持っていないから選ばないわけですから、当然全てが新鮮で新しい価値観を感じることが出来るのです。

全くの畑違いであるからこそ、別の視点から物事を見ることが出来るので今まで以上に視点を増やすことが出来ます。

新しい立場からの意見を取り入れることが出来るのです。

最初は戸惑うかもしれませんし、やりたくないなと思うかもしれません。

しかし、新しい価値観を知るということはとても大きなチャンスでもあるのです。

新しい視点や価値観を手に入れることで今まで考えられなかったようなアイデアが閃いたりするものです。

必要のない情報からでも人間というのは関連付けていけば得られることはたくさんあるのです。

そうやって人は成長し、新たな道を切り開いていくことが出来るのです。

確かにやりたくないことをやるのはとても苦痛ですし、一見遠回りに思えるかもしれません。

しかし、その体験によって大きな結果を得ることが出来るということは案外多いです。

人生は何が起きるか分からないし、化学反応によって想像もしないような結果を得ることが出来るのが人生というものです。

無駄だと思っても、何かチャンスがあるのならやってみる価値はあると私は思います。

結果的にそれがやりたいことになることもありますし、自分にとってやるべきことに変わるかもしれません。

どうなるのか分からないのが人生です。

「とりあえずやってみてから考える」という心を持つことが出来る人が、新しい可能性を見出すことが出来るようになるのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる