悩み過ぎて立ち止まってしまうくらいならとにかく行動をした方が良い

すごく悩んで立ち止まってどうすれば良いのか分からなくなってしまう事があると思います。

どうしようどうしようと毎日その事ばかりを考えてしまって、一向に前に進めずにただ毎日が過ぎるだけということは少なくありません。

しかし本当に大切なことは悩むことではありません。

では何が大切なのかというと、

悩み過ぎて立ち止まってしまうくらいなら、とにかく何かしらの行動をしましょう。

悩んで立ち止まっても現状が変わることはありません。

ただ悩んで終わってしまいます。

そんな風に終わってしまうのならとにかく何か行動に移すことが重要です。

現状を変えるには何よりも行動することが大切です。

行動しなければ何も変わらないのです。

そうは言っても何をしたら良いのか分からないと悩んでしまうことはあるでしょう。

そうだとしても何かしらの行動をするべきなのです。

どうしても悩んでいたり落ち込んでいる時というのは、新しいことに挑戦するのを嫌がります。

次失敗したら立ち直れないと思ってしまい、失敗を恐れてしまうのです。

だから次は失敗しないように必死に考えます。

しかしいくら考えてもなかなか前に進むことは出来ません。

ですから悩んでいたりうまくいかない時だからこそ行動するのです。

失敗しても良いのです。

それでも何度も何度も挑戦し続けることが大切なのです。

また失敗しても良いのです。

その次にやった時に成功すれば良いのです。

うまくいかないからこそチャレンジするのです。

その行動は自分が今やれそうなことをやれば良いのです。

何をやってもうまくいかないかもしれないけど、これくらいならやれるかもしれないと思えるものが一つくらいはあるでしょう。

それをやれば良いのです。

それが失敗に終わっても落ち込む必要はありません。

またその時には新しいことが思いついているかもしれません。

そうなったらまたそれに挑戦すれば良いのです。

そうやって行動し続けていれば何かしらうまくいくものがあります。

一回だけでもうまくいけば良いのです。

下手な鉄砲でも数打てば当たります。

とにかく挑戦することをやめないこと。

うまくいかないのなら今までの自分がやるようなことではまた失敗に終わるということです。

という事は、今までの自分がやらないようなことをすれば成功するかも知れないのです。

だからこそどんどん挑戦するべきなのです。

悩んでいる時こそ新しいことに挑戦するべきなのです。

是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる