自分のことが嫌いだったり自分はなんてダメな人間なんだと思ったとしても、そんなことを思う必要はありません。

自分のことを嫌いにならなくても良い。

そんなあなたを憧れている人だっているはずです。

自分なんて全然何も出来ないと思っているかも知れないけれど、

それは自分が持っているものや自分が当たり前に出来ていることは自分では気付くことが出来ないもの。

自分がダメだと思っているのは、

自分のダメなところに目を向けているからであって自分にも出来ることはたくさんあります。

みんなそれぞれ個性があるのです。

出来ることもあれば出来ないこともある。

自分は身長が低くて嫌だと思う人もいれば、

その低い身長に憧れている人だっている。

それはただの無い物ねだりであって個性でしかない。

全ては優れていたり劣っていたりするのではなくて個性なのです。

無い物ねだりなんてしなくてもいい。

自分のことだって嫌いにならなくてもいい。

自分は死ぬまで自分でい続けるしかない。

それならもっと自分のことを好きになればいい。

今の自分が嫌なのだとしたら、

別の自分になろうとするのではなくて今の自分よりも成長した自分になればいい。

別に人になろうとしてもなれるわけじゃない。

それなら、

今の自分を受け入れればいい。

そして少しづつでもいいから成長していけば良い。

そうやって自分を受け入れた時に人は大きな成長を遂げることができる。

そこから自分という人間は輝き始めるのです。

みんなそれぞれがダイヤモンドの原石なのです。

それぞれ自分をどんどん磨いていけば良いのです。

他の自分になろうとしている自分なんて何もかっこいいとは思わない。

自分を受け入れられていない自分なんてかっこいいと思わない。

魅力的だと思わない。

だったら今の自分を自分らしく生きれば良い。

人は個性があって良いのです。

完璧でなくても良いのです。

できることとできないことがあって良いのです。

できない自分に劣等感を覚える必要はありません。

みんな個性があるのです。

個性があって良いのです。

その自分の個性をどんどん磨いていけば良いのです。

自分が良いと思うように、

自分を磨いていけば良いのです。

初めはダメな自分かも知れないけれど、

磨いていけばそれが個性となり魅力に変わるのです。

みんなそれぞれがダイヤモンドの原石なのです。

他の誰かになる必要はない。

自分という原石を磨いていけば良いのです。

その時が一番かっこいい自分になれるのです。