スポンサーリンク

人生哲学

辛いことを乗り越える事で強くなっていく【試練を乗り越えて成長する】

どんなに辛いことがあったとしても、

どんなに苦しいことがあっても、

大きな心の傷を負ってしまったとしても、

心の傷は時間とともに癒えるでしょう。

そうやって時間は人を癒していくのです。

大きな傷を負ったとしても時間は過ぎていく

傷を負った時とは、

なぜこんなに辛い思いをしなければならないのだろうかと思うかもしれませんが、時が経ってしまえば過去の出来事となり思い出となっていきます。

人間の心は筋肉と一緒で心が傷ついたとしても自己治癒力があるのです。

そしてその傷が癒えた時は、今までの自分よりも強い自分になって生まれ変わるでしょう。

そうやって傷つきながらも成長していくものです。

辛いことの真っ最中の時は絶望を味わってしまうかもしれません。

こんな辛いことがあるのなら死んだほうがマシだと思うかもしれません。

そんなことがあったとしても必ず傷は癒えます。

あまりにも大きい傷だとしたらもしかしたらしこりは残ってしまうかもしれません。

そうやって傷跡は残ってしまうかもしれませんが、それでも傷は癒えていくでしょう。

時間はかかるけれど癒してくれる

ですから心配しなくても良いのです。

傷が癒えるまでは時間がかかるかもしれませんがそれは仕方のないことです。

何事も時間はかかります。

怪我だって治るまでには時間がかかります。

しかし次第に治っていくものです。

次は同じ怪我をしないようにと経験を一つ積んで、また一歩成長していくのです。

傷つくことでまた一つ強くなっていく

傷つかないのが一番良いのかもしれないけれど、傷つかないで優しく過保護でいれば、筋肉は強くなっていきません。

それは心も同じです。

傷ついてそして強くなっていくのです。

心のトレーニングは死ぬまで続きます。

ですが無理に自分を傷つける必要はありません。

生きていれば辛いことはあります。

傷つくことだってたくさんあります。

それを一つ一つ乗り越えていきましょう。

そうやってまた一つ強く、そして大きくなっていくのです。

あとがき

誰でも傷つきたいという人はいないでしょう。

しかし大きな傷を負ってしまうこともあるでしょう。

その時は辛過ぎて乗り越えられないと思うこともあるでしょう。

しかし時間が確実に解決してくれます。

人は時間が経てば自分で立ち直っていくものです。

本当に苦しい時は、打ちひしがれても良いでしょう。

すぐに立ち直れなくても良いのです。

そんな大きな傷だとしても、

時間が確実に癒してくれますから。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-人生哲学

Copyright© ヨシタカブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.