人はどうしても失敗を恐れてしまうものです。

失敗すること自体嫌なのに、それを人に見られてバカにされるのなんてもっと嫌です。

そんなのみんなそうです。

しかし失敗なんて全く恐れなくても良いですし、失敗なんてどんどんしても良いものです。

何かに挑戦すれば誰でも失敗します。

それが初めてやることであればなおさらです。

失敗というのは挑戦すればするほど失敗の回数というのは増えるものなのです。

挑戦するということは出来ないことをやるということなのですから、そもそも失敗を前提として行うものです。

だから本当は失敗しても何も気にする必要はないのです。

失敗したくないということは、何事にも挑戦しないということです。

挑戦しない者には当然成功もありません。

だからどんどん失敗してもいいから一度の成功を求めて行動していきましょう。

人になんと言われようとも、どんな風に思われても関係ありません。

そもそもそうやって失敗を笑う人なんていうのは、大体何も挑戦していない人なのです。

挑戦したことがある人は人が何かに挑戦することに対して笑うことはないでしょう。

気持ちが分かりますから応援したくなるはずです。

笑うのは所詮何も行動出来ない人です。

挑戦する勇気のない人なのです。

そんな人に笑われても気にする必要なんて全くありません。

どんどん挑戦してどんどん失敗すれば良いのです。

その失敗の先に成功というのは待っているのです。

失敗を恐れてやりたいことをしなかったり、挑戦しないことの方がはるかに大きな失敗となるでしょう。

目の前の失敗を恐れずに、どんどん立ち向かっていきましょう。

あとがき

何かに挑戦をすれば失敗します。

それはどうしてかというと、

挑戦という行為自体が自分には出来ないことに挑戦するということだからです。

出来ないことに挑戦するのに失敗しないで全てが成功するという事はないでしょう。

挑戦の回数が多ければ多いほど失敗するという事なのです。

成功する人はそれだけ失敗しているのです。

どうしても失敗することが悪いことだという風に言われてしまうので、失敗する事が怖くなってしまいます。

しかし別に失敗なんてして良いのです。

失敗してもまた挑戦すれば良いのです。

そして成功するまで挑戦すれば良いのです。

だから気にする必要はありません。

どんどん挑戦してどんどん成功していけば良いのです。