人は失敗を繰り返しながら成長していく。失敗することは失敗ではなく諦めた時に初めて失敗になる

人は失敗を繰り返しながら少しづつ成長していくものです。

失敗は成功のもとと言われるように失敗することで失敗からたくさんのことを学ぶことが出来ます。

その学びこそがとても大きな成長に繋がりますし成功への近道でもあるのです。

目次

失敗は成功のもと

失敗は成功のもとです。

それはどうして言われているのかというと、失敗を繰り返すことで何をすれば失敗して何をすればうまくいくのかが少しづつ分かるようになってくるのです。

失敗をしないでそのままうまくいく場合もあります。

しかし失敗を繰り返していけば消去法にもなります。

自分が試してみてダメだったら次の方法でチャレンジしてみる。

その繰り返しが成功への近道なのです。

それが失敗は成功のもとと言われる理由です。

失敗から学ぶことはたくさんある

失敗から学ぶことはたくさんあります。

失敗をするというのはそれだけなぜ失敗したのかを考えることになりますし、成功するまで頑張ろうという気持ちにもなります。

そして失敗を重ねて成功を手にすることが出来れば大きな成功体験となりどんなことでも頑張ればなんとかなるということも学ぶことが出来ます。

ただなんとなくやってみてそして成功してしまうのはとても嬉しいことではありますが、どうして成功したのかを考えることはあまりありませんし、成功から学ぶことというのはあまり多くありません。

人は失敗しないと本気で学ぼうとは思わないのです。

失敗を繰り返して自分がどう変わっていけばうまくいくのかを本気で考えてまたチャレンジしていく。

それが人を大きく成長させてくれるのです。

失敗することが失敗ではなく、失敗だと自分が決めた時に失敗になる

やりたいと思うことがあるのならどんどんやっていったほうが良い。

やりたいと思ったときが一番やりたい時で、その時を逃してしまったら最終的にやらないで終わってしまうことは多々あります。

ですからやろうと思ったときにやっていきましょう。

どうしても新しいことに挑戦するときややったことのないことをやる時というのは失敗することが怖いと思ってしまいます。

失敗したらどうしよう。

結局ダメだったら嫌だな。

そんな気持ちは誰にでもあるでしょう。

しかしそんな気持ちを持っているにも関わらず結局やらなければそっちの方が失敗です。

やって失敗するよりもはるかに大きな失敗なのです。

失敗したってやらない失敗よりも経験を積むことが出来ましたし次にどうやっていけば良いのかという選択肢が狭まるので正しい答えに向かいやすくなります。

何もやらなければ結局何が正解で何が不正解なのかが全くわかりません。

失敗したとしてもどんどんチャレンジするべきなのです。

別に失敗したって良いのです。

人生なんてほとんどが失敗です。

もちろん大金を失ったりするものは考えなければいけませんが、やってみてうまくいかないことなんていくらでもあります。

そんなの失敗のうちに入りません。

やってみてダメだったら方向転換していけな良いだけの話です。

そうやってやろうと思うことにどんどんチャレンジしていけばどれかうまくいくことがあるかもしれません。

成功している人はそれだけとてもたくさんの失敗をしています。

そのたくさんのチャレンジの一つがうまくいって成功者になっているだけなのです。

失敗することが失敗ではないのです。

何もやらないこと、もしくは諦めてしまった時に失敗になるのです。

失敗を恐れる必要はありません。

そもそも出来ないことにチャレンジするのですから失敗して当たり前ですし、諦めるまでは失敗ではありません。

失敗だと思えるものは成功するための成長の過程でしかないのです。

恥をかくことを恐れていても仕方ありません。

恥なんてそんなものは恥でもなんでもありません。

挑戦しただけでもすごいことなのです。

その恥を批判する人は全く行動しない人がそうやって悪く言うのです。

どんどん思ったことややってみたいものにはチャレンジしていって良いのです。

失敗なんて失敗ではありません。

恥なんて恥ではありません。

何もしないことの方がずっと失敗ですし恥になってしまうのです。

 

うまくいかない時だからこそ大きく成長する

うまくいかない時だからこそ人は変わろうとします。

「どうすればうまくいくのか」

「どうやれば楽になるのか」

「どうすれば成功するのか」

そんなことをたくさん考えます。

そのように考えて試してみるの繰り返しで人はどんどん変化していきそして成長していくのです。

出来ない事があるのなら出来るようになるまで挑戦する事が必要です。

出来ないことを出来るようにすることで人生を変えられるのです。

そうやって一つ一つ出来るようになっていくことで成長していき、自分が変わってくのです。

あとがき

人は失敗を繰り返しながら成長していくものです。

もちろん思ったものがトントン拍子でうまくいくほうが楽で良いでしょう。

しかし全ての物事がそんなうまくいくものではありません。

人は生きていれば必ず失敗をするものです。

そんな時に失敗をたくさんしている人は、頑張れば乗り越えられることを知っています。

だから諦めないで挑戦することができるのです。

失敗をあまりしたことがない人はすぐに諦めてしまいます。

それだけ学びも成長も少ないということなのです。

人は出来ないことでも出来るようになることが出来ます。

そうやって出来るようになっていくことで成長するのです。

その学びが人間としてとても大きくさせてくれるのです。

失敗はしても良いのです。

失敗を繰り返していくことで人は成長していくことが出来るのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる