現代では生産性を求めている人が多いだろう。

為になるもの、お金になるものに対しての執着が強いとも言える。

確かに資本主義の日本では、資本を持つこと、たくさんのお金を持つことで社会的立場が高くなる。

だからこそその資本(お金)を稼ぐ事に着目して、そのお金を稼げる事が生産性の高い行動となっている。

逆にお金にならないことは、

「生産性のない意味のないこと」

というようなイメージになっている。

とても効率的で現実的なように思えるのだが、ちょっと寂しい気持ちが生まれてきてしまう。

もちろん効率が良いと言えばそうなのだが、お金に対して執着し過ぎているようにも思える。

当然日本で生きるにはお金は必要だ。

しかも現在の日本は不景気で、全体的に収入が少なく貯金がある人はかなり少ないだろう。

それだけお金がないとお金に執着してしまうのも頷ける。

将来の不安などを考えると、お金に執着するのは当然というよりも必然と言って良いだろう。

しかしだからと言って、お金中心の生活を送るのはそれもまた正しいことだとは言えない。

お金がないという状況は、決して幸福な状態とは言えない。

しかしながらお金があるからと言って幸福とも言えない。

どうしてもお金のない状態が続いてしまうと、お金があれば幸せになれると勘違いしてしまうのだ。

しかし実際はそうではない。

お金がないと幸せにはなれないが、お金があっても幸せになれるかどうかはわからないのだ。

そう考えると、生産性だけで物事を判断してしまうといつまで経っても幸福度は上がらない。

もちろん生産性を考えて、お金をしっかりと稼ぐことは重要なことなのだが、生産性だけで物事を判断しても、自分の幸せ
には繋がらないだろう。

私たちは、自分のやりたいことや自分の幸せが何なのかを追求しながら、収入やお金に関しての悩みについても考えていか
なければならないので、とてもバランスの難しい時代に生きている。

そんな時代で自分の望む生き方をする為には、

極端に考えるのではなく、何があれば幸せなのかを考えて行動しなければならないだろう。

それと同時に、

何がなければ幸せなのかということも考えなければならない。

現代では物はたくさん溢れている。

お金を使って贅沢をするのならいくらお金があっても足りないだろう。

だからこそ私たちは、何にお金を使って何が必要なのか、そして何がいらないのかを考えて生きていく事が幸せな人生を送
る為には必要不可欠だ。

そう考えると、生産性だけで物事を判断してしまったら何が必要ないものなのか、何が必要な事なのかを見誤ってしまう。

どうしても生産性のある仕事を優先にしてしまって、本当に大切である家族を疎かにしてしまう男性が多いが、本当にそれ
で幸せなのかということに気付けない事がある。

失って初めて気付くこともあるのだ。

生産性のあるものというのは、頭で考えて、思考して生産性のあるものを判断している。

しかし私たちは思考だけではなく、心や感情というものを持っている。

そうなると自分の感情というものは無視出来ないものだ。

どんなに生産性を求めたとしても、自分の感情がそれを求めていなければ悩むことになる。

もちろん頭で考えること、思考する事はとても重要だ。

しかし頭と同じくらい、いや、それ以上に感情や心というのは大事なもの。

だからこそ生産性だけで物事を判断してしまうと自分の感情が疎かになり、本当に自分が求めているものを見失ってしま
う。

確かに頭で考えながら感情も尊重するのは難しいことかもしれないが、これだけ情報と物に溢れている時代だからこそ、そ
のバランスをしっかりと判断する必要があるのだ。

生産性を考える事が間違っているわけではないだろう。

しかし生産性だけを考えて物事を判断していけば、その先に本当の幸せを手に入れることが出来るのだろうか。