オーラは誰でもあるものでそれぞれみんな色が違います。

そうなると色同士の相性や合う色と合わない色が出てくるでしょう。

やっぱり一緒にいる人は相性が良い色同士で一緒にいたいと思うことはあるでしょう。

今回は相性の良いオーラの色は存在するのかについてお話しします。

相性の良いオーラの色はあるのか

相性の良いオーラの色はあるのか。

結論から言いますと相性の良い色や悪い色は存在します。

同じ色同士の人なら同じような価値観を持っているので分かり合えることは多いでしょう。

しかしそれは理論上の話であって、それが人間同士の相性が良いか悪いかということに関しては別の話になってきます。

同じ赤オーラ同士だったとしても仲の悪い人は当然いますし、赤オーラと青オーラでは全く違う価値観を持っているので一見相性が悪い色同士のように思えますが、仲の良い人たちはたくさんいます。

それはどうしてなのでしょうか。

人の好き嫌いは自分自身の嫌いな所と好きな所が影響する

人の好き嫌いや合う合わないというのはオーラの色ではなく、自分自身の好きな所と嫌いな所が深く関係しています。

どういうことかというと、

自分が自分自身の一つの事に集中する点が好きだとします。

そうすると相手もそういう風に集中してやり遂げたりする人が好きになります。

逆に自分が一つのことに集中して周りが見えなくなる部分が嫌いだとすると、同じような人が嫌いになるのです。

一つのことに集中する良いところではなく、頑固者だと思ってしまって嫌いになってしまうのです。

人の好き嫌いはオーラではなく、自分自身が好きか嫌いかで決まってくるということです。

オーラの相性の良し悪しはない

結論で言えば、オーラの色の相性の良し悪しはないです。

人間のオーラというのは一色のみで作られるわけではなく、いろんな色が混じっています。

そして、「赤」「青」「黄色」というようにただの単色でなく、とても微妙な色も存在します。

なので「赤と青は相性が悪い」と一言で表せるものではないのです。

いろんな要素が組み合わさって相性は決まりますので、あまりオーラの色で相性を決めるのはお勧めしません。

人の好き嫌いは自分自身の好きな所と嫌いな所なのか、そしてその部分が相手と同じなのかによって決まります。

生まれつきの相性というのはほとんど存在しないと言って良いでしょう。

参考にしていただけたら嬉しいです。