マイペースがどうしていけないのか。どうすればマイペースと言われないのか

よく言われているのは、

「本当お前ってマイペースだね」

「もう少し人のペースに合わせてよ」

そんな風に言われる事がありますがどうしてマイペースである事がいけないのでしょうか。

結論から言いますと、

別にマイペースであることは全く悪いことではありません。

自分のペースで生きているだけですから悪い事をしているわけでもなく犯罪をしているわけでもないですから好きにして良いのです。

しかしマイペースで生きることによって起きるデメリットはあります。

  • 人を待たせたりして相手のペースを乱してしまう
  • 相手をイライラさせてしまう
  • その場の雰囲気を壊してしまう
  • 自己中な人だと思われる
  • 友達が減ることもある

そのようなデメリットがあります。

そうなんです。

マイペースであることはちょっとも悪いことはありません。

しかしデメリットは付いてくるのです。

そのデメリットだったり起きてしまうことに対して別に何も感じないしそれでも良いというのならそれでも良いのです。

マイペースに生きていけば良いのです。

しかしそうやってマイペースに生じてしまうデメリットがあるので、それが嫌な人はマイペースで生きることは避けた方が良いのです。

単純にマイペースで生きることは良いのです。

単純にデメリットが付いてきてしまうから良くないということなのです。

ですがマイペースに生きることによって得られるメリットももちろんあります。

  • ストレスが溜まらない
  • ラク
  • 気を使わなくていい
  • 自由
  • 自分らしくいられる
  • 楽しい

そんな風にメリットもたくさんあります。

ですからマイペースで生きることもとても大切なのです。

人に気を遣いすぎていると、ストレスが溜まりすぎて自分の心が疲れたり、最終的には何もやる気が起きなくなったり、自暴自棄になってしまうことだってあるのです。

どちらも一長一短ではあるのです。

マイペースが悪いことではありませんし、人に気を使って生きる事が正しいわけでもありません。

単純にバランスです。

そして時と場合によるのです。

マイペースでいても良いタイミングもあれば、気を使わなければいけないタイミングもあります。

そのタイミングを見誤らずに、バランスよく生きる事が大切なのです。

マイペースだと言われるということは、それだけマイペースで生きているということです。

自分は悪くないと決めつけないで、どうして自分はマイペースだと言われてしまうのか、そして何がいけないのかを考えていくことは大切なことです。

しかし絶対に直さなければいけない問題というわけではありません。

自分がラクに生きられるようなバランスを見つけていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる