悪い噂を流されてしまったときの対処法と改善策。噂話がなくなるまでにやるべきこと。

会社の中や学校内などのコミュニティの中で生活していれば、自分が一方的に悪い噂を流されたり、あることないことを面白おかしく噂を流される事があるかもしれません。

人間関係があれば必ず噂だったり陰口などはあるものです。

一方的に悪いわけではないわけではないのに、自分ばかり悪く言われると腹が立ったり悔しい気持ちになるかも知れません。

悔しい気持ちがあったとしてもその場で正しい対処をしないと更にひどい悪い噂を流されてしまう可能性もありますし、全然噂話が終わらないという事態に発展してしまう可能性もあります。

そんな風に自分に降りかかってしまった悪い噂が流れてしまった時に自分に出来ること、心構えと対処法についてお話ししていきます。

目次

悪い噂話は話が大きくなって尾びれ背びれがついて広まっていくもの

事実の話だったとしても全くの嘘だったとしても事実は関係なく、悪い噂を流されてしまったらたちまち噂が広がっていきます。

その噂話が嘘だったとしても印象が強かったり予想外の噂であればあるほど、そして悪い噂であればあるほど速いスピードで広がっていきます。

どんどん広がっていくにつれて、話は尾びれ背びれがついて大きくなっていき、最終的には最初に流れていた噂話とは全く違う噂に変わっていくこともあります。

人間は話を盛り上げたいと思う人が多く、話を大きくしてしまうことや盛ってしまうことがよくありますし、それが人間の心理というものでしょう。

最初はそこまで大きな話ではなくても噂話というのは、ある事ない事を言われたり尾びれ背びれが付いて話が広がっていくものです。

そうやって人から人へと広がっていくことで、実際には起きていないことまで噂にされてしまうのです。

噂話をされた方からするとそれはとても辛いことですし悔しいことなのですが、みんなそれだけ人のことに興味があるということですし、噂話や悪い話が大好きだということを前提にお話しします。

ポイント
  • 噂話はすごい勢いで広がるけど冷静に対処しよう
  • 噂話が嘘か本当かは関係なく広がっていくものだと理解しよう

悪い噂を流されてしまった時に最も効果的な方法は「自分からは何もしないこと」である

悪い噂をたくさんの人に自分の悪い噂を流されてしまうと弁解したくなりますし、誤解を解きたいという気持ちになるのは当然のことでしょう。

しかし一度広まってしまったものをどんなに弁解しようとなかなか覆すことは出来ません。

悪い噂というのは広まるのがとても早く影響力が強いですし、最初に流された話の方がインパクトがあります。

良い話というのはなかなか広まりませんが悪い噂はすぐに広まります。

それほどみんな人の不幸話や悪い話というのが大好きなのです。

一度広まってしまった時に自分がやるべき行動は、『黙ってその場を耐える』ということが最も必要なことです。

変に弁解したとしても後から付け加えた話など誰も信じませんし、本当のことだとしても言い訳になってしまうのがオチです。

あなたを信用してくれている人はあなたの意見を信用してくれるでしょうが、噂話をする人はほとんどの場合が自分とはあまり関わりのないような人です。

あなたと仲が良い人なら直接聞いてくるわけですから、わざわざ噂話をすることはないでしょう。

ですから一度流れてしまった噂を消すことは難しいわけですから、あなたに出来ることは変に噂話を塗り替えようとせずに耐えるようにしましょう。

「人の噂は七十五日」と言われるように自然と噂話というのは時間が解決してくれます。

あれこれ言わずに黙って耐えていれば、噂話というのは自然と人の記憶からなくなっていきます。

変に話をこじらせることをせずに静かに黙っていれば、その方が早くその噂も無くなっていくので、「何も語らない」というのが得策でしょう。

結局噂話をしていたとしても、自分が思っているよりも他人はあなたに興味がありません。

話のネタとして単純に話しているだけなのです。

あなたが何をしていようと別にその噂話をしている人には全く関係がないのです。

ポイント
  • 噂話をするのは「あなた」に興味があるのではなく、ただ噂話をしたいだけということ。
  • みんな他人の不幸が大好きでトラブルに興味があるから噂話はすぐに広まる
  • 一度広まった噂は時間が経つまで消えることはない。

周りの人はそこまであなたに興味はないということを理解しよう

噂話というのはその場ではとても盛り上がり、今まであなたに興味がなかった人たちまであなたの話をするでしょう。

しかしそれだけ盛り上がりがすごいように消えるのも本当に早いものです。

実際その場では面白おかしく話してはいますが、そこまで他人に興味があるわけではないのです。

噂話をする人というのは話のネタとして話題にあげているだけのただの野次馬みたいなものなのです。

ですから時が経てばまた普通の生活へと戻っていきます。

そしてその噂話なんてなかったかのようになくなっていくものです。

あなただって他人の噂話をする時もあるでしょうが、

「へえ〜そうなんだ〜。そういうこともあるんだね〜」くらいの反応くらいしかないはずです。

すごく興味があったとしても仲の良い友達に話してその場で盛り上がるくらいのものだと思います。

噂話というのはそういうものです。

本当に盛り上がりというのは一瞬で終わるので、弁解しなくても自然となくなっていくので全く気にする必要はないのです。

その場は耐え凌いでしまえばそれで良いのです。

案外みんな他人のことは興味がない。話をすることは好きだから話のネタとして噂話をしているだけ!

ポイント
  • 噂話というのは時間が経てば「そういえばそんなことあったね」と言われたら思い出すくらいのどうでも良い話がほとんど。

反論して噂を流したら逆に噂話が長引くだけでメリットがひとつもない

いくら悪い噂を流されて悔しい気持ちになったとしても、相手を嘘つき呼ばわりしたり同じように裏で噂話をしていたとしたらいけません。

仮に自分が完全に悪くなくてもやられたからといって同じように噂話を流してしまったら、更に噂話が悪い方向へと進んでしまいます。

噂話を消したいが為に言い訳をして回っていたら逆に噂話が本当なのかと思われてしまいます。

どんなに悔しくても自分はじっと黙って耐えることをしましょう。

そのようにドンとした態度と気持ちで構えていればわかってくれる人は必ずわかってくれます。

その堂々とした態度が後になって、「嘘をついていないから堂々としていたんだ」というように周りが判断をしてくれて、真相を明らかにしてくれる事にもなるのです。

変に言い訳をしたりするよりも、自分が悪いことをしていないのであれば必ずなるべき結果になるでしょう。

キャプション
  • 言い訳をせずにありのままの自分でいることで時間とともに解決してくれる
  • 本当にわかって欲しい人に自分の気持ちを話して想いを伝えることで気持ちはかなり楽になる!
  • 知らない人にどう思われても自分に被害や損はほとんどない。

親しい人に理解されていればそれだけで十分だと考える心が自分を救う

噂話を流された時に最も必要な考え方が、「親しい人が自分のことを理解してくれていればそれで良い」ということです。

周りの人がどんなに騒ぎ立てたとしても、その人たちは普段からずっと仲良くしているわけではない人も多いでしょうし、噂話をしている人なんてほとんどそこまで接点がない人たちばかりだと思います。

普段話してもいないのに悪い噂の時というのは、同じように悪く言ったり広めたりする人が出てくるものです。

それはとても悔しい気持ちにはなりますが、そんな普段関わっていない人が理解してもいないのに自分の悪い噂を流すような人たちの言うことを気にする必要は全くありません。

本当に大切なのは、自分のことを信用してくれる人たちが分かってくれればそれで良いのです。

普段から仲の良い人や親友、そして家族のような自分の近い存在の人が本当に理解してくれていればそれだけで十分なのです。

その他の多数の人たち全員にちゃんと全てを理解してもらうことは出来ません。

みんな自分の考えがあって、みんな人それぞれの価値観があるのですから、どんなに頑張っても全員に理解されることはないのです。

悪い噂に限らずどんなことでも分かってくれる人は分かってくれるし、分かってくれない人は分かってくれません。

それは当然のことでもありますし、仕方のないことなのです。

しかしそれで良いのです。

あなたにとって大切な人があなたを大切にしてくれたらそれが1番の幸せなのです。

みんなに理解されないことを気にするのではなくて、本当に大切な仲間に分かってもらえればそれで十分という気持ちを持ちましょう。

ポイント
  • いろんな人がいるのだから理解してくれない人も当然いる
  • 理解してくれる人が少しでもいるのならそれは十分に幸せなこと

結論:悪い噂は自分でどうにかしようと思ってもなくならない。今まで通りに自分らしくドンと構えて生活することで噂話は自然と無くなっていく

悪い噂を流されたり、あることないことを自分の知らないところで話が広がっていることはとても悔しい思いをしますし、嫌な気持ちになってしまうことはあるでしょう。

ですがそんなことは生きていれば当然起きてしまうことですし、人間関係がある限りは起きてしまうものなのです。

みんなそれぞれいろんなことを考えていて、意見だってみんな違います。

自分から遠い人たちの言うことを気にする必要はありませんし結局は他人です。

噂話をしている人ほど自分に近づいてくる人ではありません。

本当に噂話というのはブームが終わればそこで終わります。

時間が経って噂話が終わってしまったら全くなかった話になるくらいに人の記憶から消え去っていきます。

結局は他人事です。そんなに長く覚えている人はいませんし忘れてしまいます。

噂話が流れてしまっている時というのは凄いスピードで広まっていくので、

「この噂が永遠に続くのではないだろうか」と思ってしまいますが終わってしまうと何事もなかったように元に戻ります。

悪い噂を流されたとしても、それに反論するのではなくじっと我慢して時が経つのを待ちましょう。

心を病む必要もイライラすることもしなくて良いです。そうやって気にしたり、自分の心を傷つけるだけ損です。

そうやってどんと構えていれば分かってくれる人は分かってくれますし、しっかりとあるべき姿に落ち着くでしょう。

辛いかもしれませんが、永遠には続きません。

時間が経てばみんなの記憶から消えて自分自身もどうしてあんなに悩んでいたのだろうかと思う日が必ずきます。

今は辛いかも知れませんが、それを乗り越えたら一回り強くなった自分に変わっていくはずです。

あまり気にせずに自分のやるべきことをしっかりとやっておきましょう。

それがあなたにとって最善の選択であり行動なのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まとめ
  • 辛いかもしれないけどじっと我慢をして噂がなくなるのを待つ!
  • 自分の気持ちが少し落ち着いたら本当に仲の良い人にだけ事情を話してみよう!
  • 自分を責めても相手を責めても何も解決はしない。だから普段通りの生活を続けていこう!
  • 「みんな本当は自分のことなんて興味がない」から気にしないという気持ちを持とう!
  • 噂話は絶対になくなるし、ほとんどの人の記憶にも残らないと思って耐え抜こう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる