スポンサーリンク

心理学

無駄だと思うことを無理にやる必要はない。自分が無駄だと思えばそれは無駄

自分の中で無駄だと思うことを行う必要はありません。

自分が無駄だと思っているなら、他人がどんなに価値のあることだと言っていたとしても、自分が無駄だと思った時点でそのものは無意味になってしまいます。

やりたいときにやればいい

自分が無意味だと思ってしまったらもう自分ではどうしようもありません。

そんな気持ちでやる行動に意味はないですし、無駄だと思わずにやれるわけでもありません。

それなら今自分が無駄だと思うのであればやる必要はありません。

本当に無駄ではないことだとしたら、時間が経てば無駄だと思わなくなるでしょう。

そうやって無駄だと思わなくなったときにやればいいのです。

やりたいと思った時がやるべき時です。

自分の気持ちに素直になって行動していけば、自然と自分らしい自分が思う人生になっていくのです。

全てに意味はある

どんなことでもどんなものでも全てに意味はあります。

必要なときに必要なことが起きますし自然と時は流れていきます。

自分が無意味だと思うことにも意味はありますし、意味があると思ったことにも意味はあります。

どうせどんな物事にも意味はあり、自分に必要なことなのですから、それなら自分が意味があると思うものをやっていくほうがいい。

自分が良いと思ったものをやっていったほうが絶対に後悔はないし、自分が納得出来るでしょう。

やりたいことをやりたいようにやればいいのです。

あとがき

無意味だと思ったり、無駄だと思うことを無理にやることは出来ないですし、自分が辛い思いをするだけです。

それなら自分が納得するような行動をしていくほうがいいです。

「無意味なことをやることにも意味がある」

そんな風に思うことがありますがそれも正解です。

ですが意味のあることをやっても意味はあります。

それなら自分で納得するほうを選んで生きていきたいと私は思います。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-心理学

Copyright© ヨシタカブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.