夢を夢で終わらせないための方法と心構え。夢を追う自分に満足していたら夢を叶える事は出来ない。

夢を追っている自分に満足してはいけません。

夢を追っている時というのは 、

「自分が凄いことをやっている」

「自分は今頑張っている」 と思いがちですが夢を叶えることよりもその気持ちというのは夢を追っている自分に満足してしまうのです。

満足というよりかは自分に酔ってしまうのです。

そんな状態ではなかなか夢を現実にすることは難しくなってしまうでしょう。

目次

夢を追うことに満足してはいけない

夢を追いかけることに満足してしまうと、その現実や今の状況に納得してしまい、夢を叶えることよりも頑張っている自分に酔ってしまって、それ以上前に進めなくなってしまいます。

それではいつまで経っても、「夢を追っている自分」にしかなれません。

そうではなくて、「夢を叶えている自分」にならなければいけないのです。

最初は夢を叶えるために、夢を目指しているはずです。

それがいつの間にか夢を追う自分を叶えてしまっていることになるのです。

それって似たような事に思えるかもしれないけど雲泥の差があります。

夢を追いかけているという事は、夢を追いかける事を叶えようとしているだけで、本当に夢を現実にしようという気持ちがかなり薄くなってきてしまっています。

そんなモチベーションでは夢を現実にすることはできません。

せっかく夢を目指すなら、「夢を現実にするという結果」に目標を定めて行動しましょう。

夢を追うことはとても残酷なこと

夢を追うことはとても素晴らしいことだしかっこいいことだと思いますが、その反面とても残酷なことだと言えます。

それはどういうことかというと夢を追っていると、 「自分は凄い頑張っている」と思ったり、 「みんながやっていないことをやって頑張っている」という風に思ってしまいます。

それ自体は別に悪いことじゃないしそれは事実なので良いのですが、それが長くなるとその状態に酔ってしまうのです。

酔ってしまった瞬間に夢が現実になるまでの道のりは遠くなってしまう。

それはさっきも言ったように、酔っている今の状態を目指して行動してしまうから、その状態からなかなか抜け出すことが出来なくなるからです。

その状態にある程度満足して長い間それが続いてしまうことはとても残酷なことです。

ずっと夢を追い続けている自分に酔い、叶わない夢を追い続けるということはそ先に一体何が待っているのでしょうか。

ただ夢を追い続けた時間だけが残り、それ以外は何も残りません。

それで満足することが出来るのなら良いのですが、それだけ残る人生では後悔が残るだけでしょう。

夢を目指すなら、結果に集中しなければいけません。

夢を追っている自分なんて何もかっこよくありません。

それはただ中途半端で宙ぶらりんな状態だということに気付かなければならないのです。

夢を目指すときに意識するべき大切なこと

夢を目指すときに大切なことは、自分の心がワクワクするものに向かって行動していきましょう。

やはり人はワクワクしないことに対して頑張ったり努力したりする事は出来ません。

絶対になりたいという強い気持ちがあるからこそ頑張れるのです。

どんなに好きな事だったとしても毎日同じことをやっていく事は簡単なことではありません。

どうしても嫌になってくるのです。

しかしその嫌な気持ちを乗り越えられるのは、ワクワクする未来に向かって頑張ろうという強い気持ちです。

せっかく夢に向かって努力するのですからワクワクするものに向かっていきましょう。

夢は出来る出来ないではなく本当の夢を目指そう

夢は自分に出来るか出来ないかで決めるものではありません。

そもそも夢というのは自分に出来ない事をやろうとするものなのですから出来なくて当たり前なのです。

自分に出来ることを目指したりそれを夢だと思う人はいません。

年収300万円の人の夢が年収300万円とはならないでしょう。

出来ないことを出来るようになりたいから夢なのです。

それでも出来るようになりたいと思うから夢を目指すのです。

ですから出来る出来ないは関係なのです。

自分自身がその夢を目指していてワクワクするのか。

そしてその夢をどれだけ自分が叶えたいのか。

そこが何よりも重要なのです。

せっかく頑張るのなら自分にとって最高の夢を叶えましょう。

夢は自分の行動次第で叶えることは出来る

夢というのは夢に向かっていけば必ず近づいていくものです。

初めから無理だと諦めて目指さなければ今の自分とは何も変わりません。

しかし夢を目指して計画を立てて行動していけば少なからず今の自分よりも夢に近づいていきますし、もし仮に本当の夢が達成出来なかったとしてもその前の小さな夢は叶えることが出来るでしょう。

夢に向かっていく途中でもそれは夢に近づいているので、それだけでも小さな夢が叶っているのです。

夢は諦めずに行動し続けた人にだけ夢を叶える権利が与えられるのです。

初めから無理だと思わずに夢があるのなら向かっていきましょう。

そこからまた考えれば良いのです。

夢を追いかけるのには不安はつきもの。知らないことをやるのだから怖くて当然。

夢を追いかけている時はやる気に満ち溢れていますし、頑張ろうという気持ちで夢を叶えるために行動するでしょう。

それだけやる気があったとしても不安はあるしどうしていいのかわからなくて当然だと思います。

夢や目標というのは自分が出来ていないから目指すのであって、自分が出来ていることは夢とか目標とは言わないのです。

ですから夢を追いかける時点で自分が出来ないことをやろうとするのだから先が分からなくて不安なのは当然です。

それにどうやって目指していいのか分からなくて当たり前のことなのです。

どうしていいのか分からないけど、自分が正解だと思うことを行動して、失敗したとしたらまた違う方法を試してみて、そうやって試行錯誤を繰り返していくしか道はありません。

その道のプロがいて、その人たちにアドバイスをもらえるならもちろんもらったほうが良いでしょう。

不安に思っても、心が折れそうになっても、無理だと諦めそうになったとしても、それでも夢を目指してそれを手に入れたいという気持ちがあるのだとしたら、自分を信じて突き進んでいくしかないのです。

夢を叶えた人たちはみんなそうやって壁を乗り越えてきたのでしょう。

誰だって夢を目指すことは不安はつきものです。

何度も壁にぶつかって、その壁を乗り越えるためにたくさんの時間と労力を費やして、それでもうまくいかなくてまた違う方法でその壁にチャレンジして、そうやって何度も何度も挑戦して初めて夢というのは叶えることが出来るものなのです。

夢を叶えるってそれくらい大変なことです。

失敗したり壁が目の前に立ちはだかったからと言っていちいち落ち込んでいても仕方ありません。

諦めたくなるかもしれないし、心が折れそうになるかもしれないけど、それでも夢を諦めた時点で叶うことはなくなってしまうのです。

それならどんなに大変だとしても続けていくしかないのです。

夢を叶えたければ夢が叶うまで壁を乗り越えていくしかないのです。

もちろんそれは簡単な道でも平坦な道でもないでしょう。

しかしそれを乗り越えていった人だけが夢を実現することができるのです。

夢を追いかけるという事は知らない場所へ行く事なのだから不安もあるし、上手くいかなくて当たり前

夢を追いかけるということは自分に出来るか分からない事に向かって行動し続ける事です。

出来るか分からないものに人生を賭けるのは誰だって不安はありますし、心が折れそうになることだってあるでしょう。

しかし出来るか分からないからといって諦めてしまったら絶対に夢を叶える事は出来ません。

不安はあって当たり前なのです。

知らない事をやるわけですから上手くいかなくて当たり前なのです。

その不安を乗り越えていくことが出来る人が夢を現実に変えていくことが出来るのです。

あとがき

夢を目指すということはそんなにかっこいいことでもないし、簡単なことでもありません。

いろんなものを犠牲にしてたくさんの時間を使って、たくさんの労力とエネルギーを使って初めて現実にすることが出来るものです。

なんとなく目指していれば叶っていたなんていうのは結果論であってその人は天才なのです。

「結果的に全力疾走していたら、気付いたら夢が現実になっていた」 ということはあるでしょう。

周りも見ずに全力疾走していたら気付かずに現実になっていることはあります。

でもなんとなく夢を目指してなんとなく叶ってしまったということはほとんどありません。

そんなに現実は甘くないのです。

どんなに簡単にやっているように見える人でもやることはしっかりとやっています。

楽にやっているように見える人はその努力が努力だと思わない人なのです。

「好きなことをやっていたら現実はすごいところまできていた」 なんていう人はそのものがとても向いていたのです。

それだけ好きなものだったのです。

だからどんなに時間を費やしたとしてもどんなに努力をしたとしても苦ではないから没頭して出来たのです。 だから夢が現実にすることが出来るのです。

本人は苦ではないとしても、それを他の人がやろうと思ったらそんな簡単なものではありません。

だから簡単に夢が叶うとは思ってはいけません。

しかしだからと言って最初から諦めていてはいつまで経っても夢を叶えることは出来ないのです。

じゃあどうすれば良いのか。

それは夢を目指すなら夢を叶えるまで全力で取り組むことです。

夢を目指す自分に満足することなく、夢を叶えるまで走り続けることを肝に命じることが夢を叶えるために必要なことなのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる