天才ってどんな人?天才と凡人の違いとは。才能があるか才能がないかは結果論でしかない。

「あの人には才能がある」

「あの人は頑張っているけど才能がないから結果が出ない」

そんなことを周りは言うけれど結果的に才能があるのか、それともないのかというのは結果論でしかありません。

全く才能がないと思っていた人が何年後かに大成功していたら、その人は才能があるという評価を受けるでしょう。

逆にどんなに能力が高くても結果を出すことが出来なければその人は才能がない、もしくは能力は高いけど努力が足りないなんて言われることもあるでしょう。

「あの人は能力は高いけど頑固だから成功しない」

「あの人は能力が高くても努力しないからダメ」

結局他人は結果しか見ていませんし、他人は結果しか見れないものなのです。

ですから才能があるのかないのかなんて結果論でしかないのです。

目次

天才も初めから天才ではない。常に成長し誰よりも先を歩むことが出来るから天才でいられる

どんな英雄であろうと、賢者であろうと、素晴らしい経営者であろうと、どんなスーパースターであろうと最初からそうだったわけではありません。

たくさんの経験と失敗を繰り返し、苦難や試練を乗り越えて初めて天才になれるものなのです。

初めから才能があったとしても試練を乗り越えていけない人は凡人で終わってしまうでしょう。

周りからは素晴らしい人で順風満帆に見えるかもしれませんが、どんな人でもそんなことはありません。

むしろ天才であればあるほど苦難や試練は多いです。

試練を一つ一つ乗り越えていき、日々成長した結果が天才という称号になっただけで、初めから天才であるわけではありません。

人より苦労をしているからこそ成長できるし大きくなれるのです。

どんなすごい人でも成長していかなければそれは天才ではありません。

日々成長してこそ、常に人の先を行っているからこそ、天才でいられるのです。

成長を止めてしまえばすぐにみんなに追いつかれてしまいます。

そうなってしまっては天才ではなくなります。

「天才は一日にしてならず」

常に成長してこそ、みんなが乗り越えられないような試練を乗り越えてこそ、天才になれるのです。

天才になるには壁を乗り越えていくしかない

天才というのは、所詮周りからの意見であって必ず壁にぶつかってそれを乗り越えて天才になっているのです。

その努力は他人にはわかりません。

みんなその天才のことを天才になってから知るからです。

しかし天才になる前の苦労というものは誰にでもあるのです。

その苦難や大きな壁を乗り越えてきたことは他人はわからなのです。

わからないけれど確実に壁を乗り越えてきているのです。

天才になるには、

それだけ多くの壁、大きな壁を乗り越えていくしかないのです。

その結果天才と言われる日がくるのです。

自分に才能があるかないかは最後まで分からない

今の自分に才能があるのかないのかなんて諦めてしまうまでは分からないのですから、最後まで自分が納得するまで続けていけば良いのです。

結果が出るまで、自分が諦めるまで自分が凡人なのか天才なのかは分からないのですから、自分が天才か凡人かなんて気にする必要は全くないという事なのです。

周りから見て、才能が無いと思われている人が時間をかけて結果を出すことが出来ればそれは「秀才」という言葉を掛けられるでしょう。

実際その秀才の人は最初から能力が高いのに、環境や住むところが悪くて結果を出せずにくすぶっていたかもしれません。

環境や運やタイミングで人生なんていくらでも変わってきてしまうのですから、その秀才という言葉も正しいかどうかは分からないのです。

天才というのは、人に評価されて初めて「天才」と呼ばれるのだから、人に全く関わらずにすごい才能を持っていてもそれはただの変人で終わってしまうということになります。

逆に能力が高くなくても何かのタイミングと人との関わりで大ブレイクして天才と呼ばれてしまう人もいるでしょう。

タイミングや運、環境によって天才や秀才、そして凡人も全て決まってしまうものだということなのです。

だから何も気にしなくても良いのです。

今の自分が天才か秀才か凡人かなんて誰にも分からないのです。

結果を出せば天才と呼ばれ、

結果を出せなかった人を凡人と呼ぶ。

結果を出すタイミングが早い人が天才と呼ばれ、

結果を出したタイミングが遅い人を秀才と呼ぶ。

ただそれだけのことです。

今の自分なんて今が何歳だったとしても人生においては通過点に過ぎません。

天才も秀才も凡人も結果論であり全ては紙一重です。

今の自分が凡人だと思っている人でも、今はまだ蕾なだけなのかもしれないのです。

その蕾がいつ花開くのかは誰にも分かりません。

自分がやりたいことをやりたいようにやっていけば良いのです。

結論:「天才」や「凡人」という言葉はとても都合の良い言葉。「自分は凡人だから」と諦めて、他人が成功すれば「あの人は天才だから」と諦める。

天才なんていう言葉は結果論でしかなく成功すれば天才と言われ、失敗すれば凡人と言われるのです。

同じように努力しても結果を出さなければ天才とは言われません。そしてどんなに天才と言われていても辞めてしまったり諦めてしまった時点ですでに天才ではなくなります。

天才は生まれつき天才ではないのです。

それだけの苦労と努力があってこそ天才になれるのです。

そして続けていける者だけが天才でい続けるられるのです。

天才でもすぐに結果が出るわけではありませんし、凡人でも大きな結果を残す事はあります。

ですから結局のところ凡人も天才もないのです。

天才という言葉も凡人という言葉もとても都合の良い言葉だと私は感じてしまいます。

「結果が出ないのは自分に才能がないからだ」

「あの人が結果を出しているのは天才だからだ」

 

どちらにしても自分に対しての言い訳の言葉になってしまっています。

そんな言い訳をする暇があるのなら、とにかく自分なりに頑張ってみれば良いのです。

自分が天才なのか凡人なのかを判断する時間があるのなら、一歩でも前に進んでいくことです。

凡人も天才も結果論。

そんな結果論に振り回されるのではなく、自分が納得する結果が出るまでやってみれば良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる