【楽しいことがない人へ】これをやれば楽しいなんてものはそもそも存在しない

「全然楽しいことがない」

「何をやっても楽しめない」

「何か楽しいことはないのだろうか」

そう感じていることがあるかもしれない。

楽しめない原因は、

楽しいことがないということが原因ではない。

本当の原因は、

自分の心に余裕がないことが原因なのです。

そもそも楽しいことということが定義されているわけではないでしょう。

「これをやったら誰でも楽しめる」

なんてものは存在しない。

どんなに自分が好きで楽しいことでも状況によっては全く楽しめない。

焦っている時や余裕がない時。

急いでいる時にゲームをしても楽しめないでしょう。

何をしたから楽しいというものではなく、

心が楽しめる状況でないと楽しめないということです。

逆に何も不安も心配もない時は、何をやっても楽しめたりするもの。

楽しめるか楽しめないかは、

何をするかで決まるのではなく、どんな気持ちでするかの方が重要だということ。

楽しいという感情は自分の心が感じるものだから当然と言えば当然です。

もし自分が全く楽しめないと思うのなら自分の精神状態に何か引っかかるものがあるということです。

そのものを取り払っていくことで、楽しめるようになっていくでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる