スポンサーリンク

パワーストーン

他人に自分のパワーストーン触られるといけないと聞くけどどうしてなのか

自分が普段着けているパワーストーンを自分以外の人に触られる事は良くないと言われています。

別に触られるくらい平気なのではないかと思う気持ちもあるでしょう。

しかし、パワーストーンは出来る限り他人に触られるのは良くありません。

それはどうしてなのかというと、

「他人に自分のパワーストーンを触られるとその人の念やエネルギーが入ってしまうから」なのです。

もちろんその人が信用している人であったり、あなたの幸せを願っている人だとしたら特に悪い影響を及ぼす事はないですが、それでもネガティブなエネルギーであったり疲れているとパワーストーンに影響がある事はあります。

なので出来る限り触られない方が良いでしょう。

パワーストーンというのは相手に触られたり着けられたりするちょっとの時間でも、エネルギーが込もるくらいに念がこもりやすいものなのです。

そのまで神経質になるものでもありませんが、むやみにいろんな人に触ってもらうのは避けた方が良いでしょう。

もし触られたらしっかりと浄化をすれば大丈夫

もしパワーストーンが触られたとしても、そこまで気にしなくても大丈夫です。

触られてしまってどうしても気になる時は、家に帰ってから浄化をしましょう。

一度触られたらもう戻らないというものではありません。

浄化をすればまた元に戻ります。

ですので、すぐにではなくても良いので浄化をすればリセット出来るので神経質にならなくても大丈夫でしょう。

自分のパワーストーンを大事にする事は良い事です。

人生のパートナーとして大切に扱ってあげてください。

触らせてはいけないからと言って、全ての人に触られてはいけないものではありません。

例えば、自分の親や家族などは、基本的には自分の幸せを願ってくれる存在ですのでそういう人の念が入ることはむしろ良い効果が働くことはあります。

なので絶対に触らせてはいけないというものではないということです。

その判断基準としては、その人に触られて自分がどんな気持ちになるのかということを考えて判断しましょう。

触られることによって自分が嫌な気持ちになるのなら辞めた方が良いですし、別に嫌な気持ちにならないのであればそこまで気にする必要はありません。

そうやって自分の素直な心で判断すると良いでしょう。

結論:神経質になり過ぎるのは良くないが出来る限り触られないようにしよう

パワーストーンはとても念がこもりやすいものなので、出来る限り他人には触られないようにしましょう。

だからと言って、触られることを恐れ過ぎるのもストレスになってしまいますし、ちょっと触られたくらいであれば浄化をすれば元に戻りますので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

パワーストーンは自分自身の人生を豊かにしていくために着けるものです。

その目的を常に意識しながらパワーストーンは身につけましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-パワーストーン

Copyright© ヨシタカブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.