ブログを大幅更新いたしました!気になる点があればメッセージをいただけると嬉しいです! こちらをクリック

正しいことでも相手に強要した時点で正しいとは言えない。

どんなに正しい意見だと思っていたとしてもそれを相手に押し付けてしまったらそれは正しい意見ではなくなってしまうでしょう。

「挨拶をすることは正しいことだ」

それは確かに正しいことだと思います。

しかしだからと言って、

挨拶をすることは当たり前だから挨拶をしない人は罰を与える。

そんなことを始めてしまったら正しいことではなくなってしまいます。

そうやって人に押し付けてしまった時点で正しい意見だったとしても正しい行いではなくなってしまうのです。

極論を言えば完全に正しい意見なんて存在しませんから、正しさと言って人に強要してしまうのは良くないことです。

みんなそれぞれ意見があって、それぞれ自分の意見が正しいと思っています。

正しくないと思っているのなら争いなんて起こらないでしょう。

本当に絶対的な正しい意見があるのなら、みんながその意見に従って生きれば良いのですからとても簡単で争いが起きたとしてもすぐに決着がつくはずです。

しかし現実はそうではありません。

それは完全に正しい意見がないからこそ争いが起こるのです。

確かに自分の意見が正しいと思う気持ちは分かりますが、それでも相手の意見を受け入れたり尊重する心を持つことはとても大切ですし、そういう気持ちがあれば今よりかは争いは無くなるでしょう。

自分の意見が正しいと思う人は相手の意見を受け入れるということはとても難しいことではありますが、みんなそれぞれ価値観があって立場も育った環境も違うわけですから、意見が違うのも正しさが違うもの当たり前のことなのです。

争うくらいなら適度な距離を取ることも大切です。

正しい意見だと思っても押し付けるのはやめましょう。

どんなに正しい意見を持っていて自分が正義だったとしても、その正義を振りかざした時点で正義ではなく悪になってしまうでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる