自分らしく素直に生きることで理想の自分を手に入れる

自分らしく生きるというのは、言葉で言うのは簡単ですがそんなに簡単ではありません。

それよりも自分らしく生きることが良いことだと思わない人がたくさんいると思います。

なぜ自分らしく生きることが良いのかということについて書いていきたいと思います。

目次

自分らしい選択をしないと本当の満足は得られない

まず自分らしく生きるとはどういうことなのかというと、

ゆっくりまったり生きることが好きで将来は田舎に暮らしてスローライフをすることが夢だとします。

性格もマイペースで人に合わせることが苦手なので自分の好きなペースで自分の自由に生きていきたい。

家族と一緒にスローライフを楽しみたい。

と思っているとします。

それなのに、

会社を起業してバリバリに働いて、東京に住んで仕事が忙しくていまだに独身。そして忙しすぎていつも焦って、プライベートはなく仕事ばかりしている。

そのかわりお金はあるのでいろんな遊びが出来る生活をしている。

それでは自分の求めているものとはかなりかけ離れた生活をしているように思えます。

スローライフを目指して起業したとしても、忙しすぎてこのままじゃずっと忙しいままですし、奥さんと二人で過ごしたいはずなのに余裕がないから彼女すら作れていない。

まったりゆっくりマイペースに生きたいはずなのに忙しさが優先してしまって、自分のマイペースの性格も変わってしまい、常に上を目指していて、自分にも人にも厳しい性格になっている。

本当の自分からかけ離れた生活や行動をしていると、どうしてもイライラしたりストレスが溜まり、どんなに周りの人から羨ましがられていても、本当の満足感というのは得られないのです。

心の底から願うものを手に入れることで自分らしさを手に入れることが出来る

どうして自分らしい自分にならないと本当の満足が得られないのかというと、

本当に心の底から、そして潜在意識から求めているものがいまの現実とは違うからです。

その自分らしくない生活をしているとどんなにお金があったとしても、

この生活がしたい。

こんな生活がずっと続けば良いのに。

と思えないのです。

本来の進むべき道とは逸れてしまい、自分らしさや自分の求めているものとは、違う方向へ進んでいるからです。

そういう気持ちがあったままその道を進んでいったとしても、

本当に欲しいものが手に入るわけではないので、なぜかわからない空虚感やなんとなく虚しい気持ちになることがあります。

本当に全て自分の思うような方向へ進んでいたとしたら、どんどん気持ちが高まり、もっと頑張って自分の道を進んでいこう、このまま頑張っていこう!と思うはずです。

しかし違う道を進んでいると、

本当にこのままでいいのかな?

このまま頑張って、その先には何があるのかな?

という不安が出てきます。

それは自分の本当に求めているものとは違う方向へ進んでいるのだからそういう不安が出てきて当然です。

それはそのまま進んでいっても自分の求めているものが手に入らないのですから、せっかく目指している先には何もないという状況になってしまうからです。

ですから自分の心に素直になってこれからの人生を考えていくことが大切です。

自分の思う理想の道へ進んでいけるように希望を持って、人生を選択していくべきです。

自分らしい自分になるには自分の心に嘘をつかないこと

自分の求めている自分に対して誰になんと言われようとも、自分が求めていて、自分の理想の人生だと思えるのなら突き進むべきです。

人に流されて人生を選択しても良いことはありません。

自分らしく生きる=自分の理想を求めて生きる

そのためには自分の心や思考、行動に素直になり自分に嘘をつかないことが大切です。

妥協せず、本当に求めているものを見つけていくことが大切なのです。

夢を目指している時と叶った時の生活はほとんど変わらない

夢を目指しているということは、その夢を叶えた時と同じことをしているはずです。

それはどういうことかというと、

プロゴルファーになるという夢を目指しているとします。

プロゴルファーというのはゴルフを毎日やってどんどん上達することでプロゴルファーになることが出来ます。

そしてそのプロゴルファーになるためにはゴルフが上手くなるために毎日練習をしなければプロゴルファーになることは出来ないでしょう。

ということは、

プロゴルファーになる過程とプロゴルファーになった結果はどちらも同じように毎日ゴルフをしているということです。

ゴルフが好きだからプロゴルファーを目指しているはずです。

ゴルフを始めてプロゴルファーを目指した時点でプロゴルファーに近い生活をしているということです。

結果を出すには過程が大切。結果ばかりに気を取られていては夢は叶わない。

結果を出したい。

成功したい。

という気持ちになってしまうのは分かりますが、実際はその気持ちだけではなかなか夢を叶えることは出来ません。

結果を出すために行動するにも、その過程をどうやって努力するかで結果に関わってくるのです。

結果は結果であって、それは自分でコントロール出来るわけではありません。

自分に出来ることと言えば、

夢を目指すための行動をどれだけ試行錯誤をして成長していけるかが重要になってきます。

結果を出したいという気持ちが先走ってしまう気持ちは分かりますが、いまを精一杯努力していかなければ結果もついてこないのです。

未来は今の延長線上にある

未来は自分の夢を叶えるために行動していくはずです。

その未来というのは今の延長線上にあるのです。

ですから未来ばかりを見るのではなくて、今出来ることをやっていれば自然と結果はついてくるものです。

今を楽しめない人は未来も楽しめません。

今努力出来ない人は未来も努力出来ません。

未来ばかり見ている人はずっと今をおろそかにしていくことになってしまうでしょう。

未来の結果に向けて行動していくのは間違いありませんが、

それでも今努力出来たものにだけ未来の成功を手にする事が出来るのです。

あとがき

夢は目指した時点で夢が叶った時と同じ行動をしているでしょう。

もちろん夢が叶った後の方が、それだけに集中して頑張っていくことが出来るので、それだけをやっていきたいから夢を目指すのでしょう。

プロスポーツ選手になりたい人は、

スポーツをしてご飯を食べていけたら幸せだなと思いプロスポーツ選手を目指すはずです。

漫画家になりたい人は、漫画を書いていくだけで生きていけたら幸せなんだろうなと思っているから目指すはずです。

もちろん大金持ちになるために社長を目指すという人もいるでしょう。

そういう人は、お金儲けがしたいから社長になるのでしょう。

お金をたくさん稼ぐのが目標の人も、今から少額でもお金を稼いでいくということなので、今も未来もお金稼ぎをするという意味では同じです。

過程も結果も規模が違うだけで同じことなのです。

もちろん結果が伴わないと満足することは出来ないでしょう。

しかしその結果を手に入れるためには、家庭をしっかりと行動していくことが大切なのです。

結果ばかりに気を取られてしまい今をおろそかにしては未来も良い結果にはならないでしょう。

今は未来の延長線上にあるのです。

今を精一杯生きていきましょう。

自分の心に素直になっていくことがよりよく生きるためには重要なことなのです。

自分らしく自分に素直に生きて、自分らしい選択をしていきましょう。

そうすれば理想の自分や理想の現実を手に入れることができるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる