お金持ちも貧乏の境目はどこにある?全ては自分の思い込みと感覚によって決まる

「あなたにとってお金持ちとはどんな存在ですか?」

「それから貧乏とはどんな生活ですか?」

はたまた、

「いくら稼いだらお金持ちですか?」

「いくら以上稼げないと貧乏ですか?」

この答えにすぐに答えられる人はすでに何かしらの行動と結果が伴っているでしょう。

しかし、ほとんどの人はそんな明確な定義を考えていないはずです。

いや、むしろ「定義がないこと」が正解とも言えるでしょう。

なぜなら定義は自分の中の感覚でしかないからです。

月に20万円稼いでいる人は、40万円あればさすがにお金持ちだと思うでしょう。

しかし40万円稼いでいる人は、多分ほとんどの人が「お金持ち」だとは思っていないでしょう。

そういう人は月に100万円あれば流石にお金持ちだと感じるはずです。

ですが、月に100万円稼いでいる人に聞いてみてください。

お金持ちだとは思っていないでしょう。

「ちょっと余裕があるくらいだけど、特に生活が大きく変わった感じはしない」

それくらいの感覚です。

そもそもお金持ちの定義なんてありませんし、貧乏の定義もありません。

自分の感覚でしかありませんし、その感覚も曖昧なものです。

状況と環境によって全然変わってきます。

辛い労働環境でストレスの多い仕事をしていたら月に100万円あったって全然足りないよと感じるものです。

逆に、良い労働環境でとてもやりがいのある仕事だと感じていたのなら30万円だってお金持ちだと感じるでしょう。

結婚しているのか、独身なのか。

家のローンがあるのか、ないのか。

家族は何人いるのか?

お金のかかる趣味を持っているのか、いないのか。

そうやって色々な条件や要素によって全て変わってきます。

ですからいくら稼いだからお金持ちというものはないのです。

それすら全て自分の思い込みであり、自分自身の感覚であり解釈でしかないというわけです。

人は自分がお金持ちだと思える環境を作っていくことが出来れば、幸せだと感じるはずです。

ですからどうすれば自分はお金持ちだと感じられる環境を作っていけるのかを考えて、行動する必要があるということです。

もちろん今の状況でも十分に幸せだけど、自分の思い込みによって幸せではないと感じている人もたくさんいます。

まずは、自分の価値観と思い込みについて考えてみてください。

そしてそれでもダメでしたら単純に無駄な出費が多いというような収入ではなく、「生活スタイル」に問題があるのかもしれません。

価値観を見直し、

生活スタイルを見直す、

それでも解決しなければ、人生設計を見直してみてください。

そうやって自分のやるべきことを具体化していくことで、人生を改善していくことが大切なのです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる