自分の近い人、自分と深く関わりのある人の中で嫌いな人やどうしても折り合いが付かない人はいるでしょう。

職場の同僚、上司、親や家族、友達など。

人それぞれ違いはあるけれど、人間関係で悩みがないという人はあまりいないでしょう。

そんな人に伝えたいことがあります。

人間というのは深く関わればそれだけ傷つく生き物です。

どんなに好きな人でも一歩間違えてしまったら、嫌いになったりあるいは憎しみに変わることすらあります。

その憎しみという感情は、好きであるからこそ生まれる感情でもあります。

人間の全ての感情は悲しみから生まれると言われているくらいに、

自分が傷つけられて悲しい。

愛する人がいなくなって悲しい。

憎しみですら、

「なんでそんなに自分を傷つけるの?」という感情から生まれるものです。

苛立ちや怒りも同じです。

人は人間と関われば悩みは生まれるのです。

好きという感情でも嫌いという感情でも最終的には悩むのです。

一番悩まないのは無関心です。

無関心であればどうでも良いのですから悩みようがありません。

しかしそれはとても寂しい問題だとは思いませんか?

無関心であれば悩まないけど、それ以外なら悩んでしまう。

心を無にすれば悩みは無くなるのです。

しかしそれで良いのでしょうか。

それでは人間である必要はありません。

人は人間関係で悩む生き物なのです。

それでもウザイ上司がいて本当に悩んでいる。

いじめてくる人がいて苦しい。

そういう人とは距離を置くしかありません。

その嫌いな人の無関心になるしかないのです。

その為には自分もその相手のことを無関心になる必要があります。

そうは言っても無関心になることは出来ないと思うでしょう。

それなら、他のものに目を向けるのです。

自分が何かに打ち込んでいたり、真剣に何かを頑張ろうと思っていればそういう人が気にならなくなります。

そんな嫌いな人のために自分の時間を使うのは本当にもったいないことです。

ですから他のものに集中をして気にならないようにするべきです。

それでも物理的に接触回数が多いと、どうしても気にしないというのは無理でしょう。

そういう場合はその場所を離れることが重要です。

仕事仲間であれば異動をお願いすることです。

それが出来ないのなら辞めるしかないでしょう。

それ以外でも引越しをすることで改善されるのであれば引越しも考えましょう。

そのどちらでも解決出来ないような家族の悩みであれば、

それは受け入れるしかないのです。

基本的には逃げるという手段を取りましょう。

逃げるというと悪いことのように思えますが、逃げるのは悪いことではないのです。

そんな関わる意味のないものだったり、自分に全く利益のないような場合は逃げるべきなのです。

逃げるが勝ちなのです。

基本的には相手を変えようとかは思わずに逃げましょう。

それが出来ないのであればあとは相手を受け入れるしかないのです。

その手段しかないのです。

受け入れる時のコツととしては、相手を深く理解する事です。

どうしてそういうことをしてくるのか、どうして相手が嫌いになってしまったのか、その人はどうして私のことが嫌いなのかを深く理解すれば自然と受け入れられるようになります。

嫌いかも知れませんが、しっかりと相手の心を理解しましょう。

そうすることで人間関係の悩みは消えるのです。

人間関係での悩みというのは辛いものです。

悩みのほとんどが人間関係というくらい人間は人間関係で悩みます。

その悩みを解決するには、

基本的には「逃げる」という選択か、「相手を受け入れる」という選択しかないのです。

その選択どちらを選ぶかは自分次第です。

基本的に他人であれば逃げるという選択を取る方を私はお勧めします。

どうしてもこれだけたくさんの人がいるわけですから、理解し合えない人は必ずいます。

そういう人に真正面からぶつかっても良い結果は得られないでしょう。

それなら自分と合う人と付き合う環境を作りましょう。

環境によっては自分の居心地の良い環境はどこかに存在しているのです。

類は友を呼ぶので、どんなに自分が変わり者だとしても自分と似たような気の合う人がたくさん集まっている場所というのは存在します。

そこを見つけられていないから悩むのです。

その環境を見つけられることが出来れば悩みはかなり解消されるでしょう。

なのでその場所から逃げて、自分にとって最高の環境を探すという選択をすることも大切なのです。

是非自分に合った環境を見つけてください。

参考にしていただけると幸いです