スポンサーリンク

人生哲学

偽善者の何が悪いのだろうか。偽善だとしても人の役に立てば同じこと

偽善者の何が悪いという風潮がありますが、実際は偽善者が悪いことなのでしょうか。

偽善者を悪者だという人もいるくらいに煙たがられる存在です。

そして良い人の仮面を被った悪人だという人もいます。

しかし、偽善者と呼ばれている人はそれがうわべだけだとしても、それでも良いことをしているのには変わりはありません。

なぜ良いことをしているのに、悪いことをしているように言われなければならないのでしょうか。

偽善者の定義というのは何か分かりませんが、一般的に言われるのが「自分をよく見せるために良い人ぶること」というのが偽善者と言えるのではないでしょうか。

自分のために相手にとって良いことをすること、そして自分の利益のために人を助けることが偽善者です。

しかしどんなに偽善だとしても、それでもやらないでただ見てるだけよりも遥かに良いことをしているのではないかと私は思います。

腹の中でどんなことを思っていようと、やらないでいるよりも良いことをしていて、それを喜んでくれる人が一人でもいるのならそれで良いのではないでしょうか。

偽善者は悪人ではありません。

もちろん人を騙すために、人を陥れるために先に良いことをすることはいけないことです。

しかしそれは偽善ではなくただの詐欺です。

心の中で悪いことを考えていたり、企んでいたとしたらどんなに良いことをしてもそれは偽善者なのでしょうか。

そもそも良いことをするのに無意識でなんでも出来るのか。

良いことをするには、人の気持ちを考えて、相手の立場に立って、相手がしてほしいことを考えることが出来るから人に為になることをすることが出来るものです。

それは人の役に立とうと考えたり、企んでいたりしているのと同じことです。

それだけあれこれ考えながら人に良いことをしようとするのだから、良いことをした時点で全員が偽善者ということになってしまいます。

ボランティアだって人の為になるということもありますが、基本的には自分がやりたいからやるものです。

自分の利益を考えてやる行為ですから、ボランティアをやっている人は全て偽善者になってしまいます。

それなら偽善者でもボランティアをするのなら良い行為だと私は思います。

別に偽善者だろうと、良い行いをしていることには変わりはありません。

それならどんなことを考えていたとしても良いことではないでしょうか。

みんな結局自分のために行動しているだけなのですから。

どんなに人の役に立って人助けがしたいという思いがあってもそれは、

「自分がよく見られたい」

「人助けをして喜んでいる姿を見たい」

「助けた人にありがとうと言われたい」

どんな理由だとしてもどんなに聞こえがいい理由だとしても、それは全て自分が満足するためにやっている行動には変わりはありません。

自分のために企んで考えてやっているのだから、結局はみんな偽善者ということになってしまいます。

そんな偽善者の定義を考えるだけ無駄です。

どんなことを考えていたとしても、

良い行いをするのか悪い行いをするのか、それともやらないのかという現実しかわからないし存在しないものです。

それなら自分が良かれと思う行動なら偽善者だろうと、何かを企んでいる行動でも良いではないでしょか。

だって良い行いをしてるのだからいいんじゃないかと思います。

どんなに偽善者と言われても思われたとしても、自分が良いと思う行動で誰かのためになるならやったほうが良いです。

周りの偽善者だという人は、その行為をやっている人が羨ましいのかもしれません。

自分には出来ないから人を見下したり、罵声を浴びせて引っ張ろうとしているだけなのです。

誰かのためになるならやったほうが良いです。

行動でしか自分の思いは伝わらないし表せないのですから。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ヨシタカ(吉岡 貴紀)

名前 ヨシタカ(吉岡 貴紀) ・スピリチュアルカウンセラー ・元競輪選手 生まれつき「オーラ」や「チャネリング」が出来ていたスピリチュアル人間として育ってきた。 しかし、それが本当に正しいことなのかを突き詰めるようになり、悟りの道へと方向性をシフトし、悟りを開くことが出来た。 その後はたくさんの人に自分らしい生き方を目指す為の情報発信をしている。 【詳しいプロフィールはこちら】

-人生哲学

Copyright© ヨシタカブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.