チャネリングという言葉を知っていますか?

多分知らない人の方が多いのではないでしょうか。

スピリチュアルに詳しい方であれば知っているかも知れませんが、一般的に使われる言葉ではありません。

チャネリングは知らなくてもテレビのチャンネルは知っていると思います。

チャネリングというのはそのチャンネルに似たようなものです。

今回はチャネリングについて詳しくお話ししていきたいと思います。

チャネリングとは相手の心に共感をすること

チャネリングというのはスピリチュアルな分野では一般的に使われる言葉で、そのチャネリングを使う人のことを「チャネラー」と呼んだりもします。

ではチャネリングとは、テレビのチャンネルだったりラジオの周波数を合わせるようなものです。
どういうことかというと、

例えば、対象者(相談相手)などにチャンネルを合わせて相手の気持ちを読み取るというものです。

オーラを見たり、霊能者が相手の気持ちが分かるのと意味合いとしては同じです。

相手の周波数と自分の周波数を合わせて、相手の気持ちを読み取っているのです。

そんなことが出来るのかというと出来ます。

というか自然とチャネリングをやっている人も多いのではないでしょうか。

例えば、イライラした相手がいて一緒に話していたりすると自分もなぜかイライラしたりすることはありませんか?

それは相手のチャンネルの影響を少なからず受けている証拠でもあります。

他にも悲しい話を聞いていたら自分も悲しい気持ちになるもの一種のチャネリングと言えるでしょう。

チャネリングとはそうやって人間には自然と備わっている能力でもあるでしょう。

最後に

チャネリングは誰でもその能力は備わっているはずです。

あまり人の気持ちを考えたりしない人はあまり普段はチャネリングを使わずにその意識はないかも知れませんが、それでもチャネリングの力は備わっているはずです。

生きていく上で人の気持ちを考えて行動したりすることはとても大切なことです。

人間世界で生きていく上では、コミュニケーションというのはとても大切になってくるのでチャネリングを使って円滑な人間関係を構築していくことでより良い人生が送れるでしょう。

もちろん相手の気持ちを考えすぎて自分の気持ちが疎かになってしまうのは良いこととは言えません。

しかし相手を思いやる気持ち、そして争いのない円滑な人間関係は良い生活を作るためにはとても重要なことなのです。

チャネリングという言葉を使うととてもスピリチュアルなイメージになってしまいますが、

「相手の気持ちを考える心」を持つことが良い人生を送るためにはとても大切なことなのです。

その気持ちのことをチャネリングと言っても良いと私は思っています。