スポンサーリンク

人生哲学

物事に対するバランス感覚を持とう。多くの視点を持つことで人は成長する。

物事に対しての価値観やバランス感覚というのはとても重要です。

偏った考え方を持っているとどうしてもミスが起きやすいからです。

それは個性だと考えられますが、それはバランス感覚を持った上でその選択をしているのであればそれで良いのです。

偏見や偏ったものの考え方というのは、それだけ他の視点から物事を見れていないということです。

他の視点から見れていないという自分の怠慢を「個性」という言葉で片付けてはいけません。

いろんな立場や視点から物事を考えて、理解してその上で自分が何の選択をするのかということが大切なのであって、自分の視点から物事を見ているだけではただの押し付けであって偏見です。

それでは正しい意見を導き出すことは出来ませんし、後悔や失敗も自然と増えてしまうでしょう。

それだけなら良いのですが成長までもなくなってしまいます。

物事をいろんな視点から見ることによって気付くことがたくさんあるのです。

そのたくさんの気付きから自分が正しいと思う答えを導き出すのです。

それがバランス感覚です。

ただみんなの意見を取り入れて真ん中を取ることがバランス感覚ではありません。

たくさんの視点から物事を見て、考えをまとめて、そして自分の頭で考えた結果出した結論に意味があるのです。
その意見というのはかなり精度が高く、正しい意見だったりするのです。

正しい意見出なかったとしても、自分の納得する意見ではあるでしょう。

自分から見た視点で物事を判断することはもちろん大切なのですが、それ以外の意見は間違っていると考えるのは完全に偏見です。

その偏見を自分の個性だと思ってはいけません。

もっと一つの物事に対してしっかりと思考していくことが大切なのです。

大変な作業ではありますが、そうしないと人は成長出来ませんし人を受け入れるということが出来なくなってしまいますので、頭の固い人間になってしまいます。

常に多方向からの視点を持ちましょう。

是非たくさんの人に実践してほしいと思います。

スポンサーリンク

-人生哲学

Copyright© ヨシタカブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.