オーラの見方と知識についてのまとめ。オーラを見るためのコツと練習方法

オーラの存在を知っている人は多いと思いますが、実際に見える人はかなり少ないでしょう。

「自分にはそんな力がない」「幽霊も見えないし霊感もないから自分には無理」

そう思っている人が多いですが、オーラというのは訓練をすれば見ることが出来るようになる可能性があるのです。

オーラというのは、霊感のようなスピリチュアルなものというよりも「直感力」や「感覚」に近いものです。

潜在意識や第六感、自分の持っている感覚を研ぎ澄まし、鍛えることで見えるようになるのです。

オーラが見える才能があったとしても、鍛えなければ見えないものです。

逆に言えばオーラが見える人でも、日々トレーニングを続けていかなければ見えなくなってしまうものなのです。

それほどトレーニングををすることは大切なことなので、「オーラが見える人」も「見えないけど見えるようになりたい」という人もぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

今回はオーラを見る方法とその練習方法について書いていきます。

目次

オーラが見えないのは自分の感覚を大切にして信じて生活をしてないから

オーラを見るための訓練方法の前にまずは、

「オーラとは一体何なんのか」「オーラを見るためにはどんな感覚が必要になってくるのか」についてお話しします。

先ほども言いましたが、オーラというのは「霊感」のようなスピリチュアルなものというよりかは、「直感」のような自分の持っている感覚、第六感に近いものです。

諸説ありますが、昔の人は「みんなオーラが見えていた」と言われているくらいに見えていることが当たり前のものでした。

今の時代では感覚に頼ることが少なくなってきていて、全て科学や知恵によって判断されるようになったのでどんどん感覚が鈍ってきているのです。

「感覚や感などに頼る必要がなくなった」ということが考えられます。

もちろんそれは良いことなのですが、私自身は感覚頼りに生きているところがあるので、とても寂しいものだなと感じてしまいます。

そうやって感覚を使わない生活を送っていると、感覚はどんどん機能が低下していきます。

そうやって感覚を使うことがなくなってきたことによってオーラは見えなくなってきたのです。

ですから、感覚(第六感)を鍛えることでオーラを見ることは可能なのです。

自分の感覚を大切にして日々の生活からその感覚を使っていくことでどんどん養われていく

自分の感覚は自分の「心の動き」に注意することで養われていく

第六感と聞くとどうしても自分にはないものだと思いがちですが、第六感というのは誰にでもあるものです。

虫の知らせがあったというのは第六感の働きによるものです。

そのような「なんとなく感じるもの」というのは、頭では理解していないけれど感覚では分かっているという状態です。

その他にも、

「この場所はなんか気持ちが悪い」「何となく変な感じがする」「嫌な予感がする」

というのも人間の感覚というか第六感によって起こる気持ちです。

「薄気味悪い」とかなんだか「空気が重い」というようにみんなが感じる感覚も第六感で感じていると言っても良いでしょう。

第六感というのは特別な人だけが備わっているものではなく、みんなが備わっているけれどその感度や正確さが人それぞれ違うだけなのです。

この人なんか怖そうだなとか優しそうだなというのも感覚です。

そんな感覚を大切にして生きていくと、どんどん養われていって正確さが増してくるのです。

どうしても初めの方はその感覚や直感が全然当たらずに、「自分には才能がなくて特別な人間ではなかったんだ」と諦めてしまうから感覚が養われていかなくなってしまうのです。

自分の感覚を信じて、常に自分の感覚のアンテナを張っておくことが第六感や感覚を養っていく上で最も大切なことなのです。

自分が何かを感じた時に「気のせい」で終わらせずに、どうしてそんな気持ちになったのかを考えることが大切!

オーラを見るためには心の状態や空気感が大切だからこそ環境を整えることから始める

オーラを見るためには、環境や自分の精神状態が良い状態にすることがとても大切です。

どんなにオーラが見える人でも、疲れ過ぎていたり集中出来ないような精神状態や環境だと見えないものなのです。

まずはオーラが見やすくするための環境作りから始めましょう!

オーラを見るために必要なのは集中力と集中出来る環境

オーラを見るためには集中力がとても重要になってきます。

どんな感覚を使う時もその感覚に集中するものなのでそれは第六感も同じです。

  • 耳をすませる時というのは耳に集中する
  • 味を確かめるときも舌に集中して味わうようにする
  • 匂いを嗅ぐ時もクンクンと鼻に集中する

それはみんな当たり前にやっていることだと思います。

その時に他の作業をしたり、何かをしながら集中することは出来ません。

オーラを見るときも意識をオーラを見るときの感覚に集中することが大切なのです。

オーラを見るときは心も体もリラックスしている方が見えやすい

オーラを見るときはリラックスしていることが必須条件です。

他の感覚に関してもそうですが、とても緊張状態にある時というのはどうしても感覚が鈍くなってしまいます。

焦っている時やドキドキしている時などの心拍数が高まっているときはどうしても集中も出来ないのでオーラは見えなくなってしまうでしょう。

ドキドキや緊張は感覚を鈍らせます。

オーラを見ようと思うのであれば、その時はしっかりとリラックスすることを心掛けましょう。

深呼吸をして一回冷静になる時間を作ることがオーラを見る時にはとても大切なこと!

オーラを見ることに執着し過ぎると見えなくなってしまう

オーラが見えるようになりたいからと言って、見ることばかりに執着をしてしまうと逆に見えなくなってしまいます。

オーラを見ることに執着をしてしまうと、自分の中で緊張感が高まってしまいますのでリラックスが出来ていないのです。

それと同時にオーラを見ることで頭がいっぱいになってしまうので、肝心のオーラを見るときの感覚にも集中することが出来なくなってしまうのです。

オーラを見るには、その相手のオーラに意識がいかなければいけません。

意識を一定に保ち、精神を安定させることがオーラを見る上で大切なことなのです。

オーラは自分ではなく相手に意識を持っていかなければ見えるようにはならない。自分のことで頭がいっぱいにならないように注意しよう!

オーラを見るための具体的な練習方法とその手順

オーラを見るための準備が整ったら実際にオーラを見るため練習方法とその手順ついて詳しく解説していきます。

最初に手順について解説していきますので、その後に詳しく書いていきますのでまずは全体の流れを掴んでいきましょう。

STEP
深呼吸をしてリラックスをする
STEP
目の力を抜いてぼんやりと見る
STEP
サードアイに意識を集中する
STEP
相手に意識を向ける
STEP
次第に自分自身の感覚がなくなっていく

という流れでオーラを見ていきますので、一つ一つ詳しくご説明していきます。

深呼吸をしてリラックスをする

まずはリラックスすることから始めましょう!

オーラを見ようと意気込んでしまうと、どうしても緊張してしまって見えづらい状態になってしまいます。

そうならないためにもまずはリラックスをすることです。

リラックスをしたいときは、ゆっくり深呼吸を5回ほどやってみてください。

その時のポイントは、「大きく吸って大きく吐く」ということを意識してみてください。

目安は、「3秒吸って5秒吐く」くらいをイメージして深呼吸をすれば良いでしょう。

目的はリラックスすることなので、自分がリラックス出来れば大丈夫です。

深呼吸をすることに意識を向けて、別の雑念に気を取られないようにしましょう!

目の力を抜いてぼんやりと見る

リラックス出来ましたら今度は本格的にオーラを見るための状態を作っていきます。

まずは、「ぼんやりと全体を見るようなイメージで目の力を抜いていきます。

半目で開いて一点を見つめたりしないように、見ているのか見ていないのか分からないくらいにボヤッと全体を見ましょう。

どうして目の力を抜くのかというと、

目に力が入っていたり一点を集中してみることによって目に意識がいってしまってオーラを感じ取る事が出来なくなってしまうからです。

それ以外にも、人間というのは目に力が入ってしまうと体が強ばり緊張してしまうからです。

オーラは目を使って見るというよりかは、「感覚で見る」という感じに近いものなので、目は出来るだけリラックスするようにしましょう。

ヨシタカ
目の力を抜くことは「リラックス」と「目を使わない」という二つの効果が同時に得られるので効果的

サードアイに意識を集中させる

リラックスが出来て目の力を抜くことが出来たら、サードアイに集中してみましょう。

サードアイがどこにあるのかというと眉間の2cmくらい上にあります。

おでこと眉間の間くらいにあり、よく仏様のホクロの位置にサードアイというものがあるのです。

サードアイは「第三の目」と言われているように、全てを見通す力があると言われています。

私はその見通す力があるからサードアイに意識を持ってくるというよりも、その方がリラックスして相手を正しく見ることが出来ると感じたのでサードアイでオーラを見るようにしています。

そのサードアイに意識を集めることで、オーラを見るための感覚が研ぎ澄まされて見えやすい状態を作れるのです。

オーラは「目」で見るものではなく「心の目」で見るのです。

とにかく目の力を抜くようにしてサードアイに意識を集中させます。

サードアイのところに目があると思って、そこから相手を見るようにするとかなりオーラが見やすくなります。

その時に注意することはとにかく目の力を含めた全ての力を抜きましょう。

顎やほっぺた、肩や首までも全ての力を抜きま。

とにかく顔全体の力を抜くことでサードアイに集中しやすい環境を作るのです。

そうやって目の力を抜くことで、サードアイに意識がいきやすくなるので見えやすくなるのです。

サードアイに集中していると眉間が変な感覚になったり、もやもやしてきたりしますがそれは集中出来ている証拠なので気にしなくて大丈夫です。

もやもやしたりしてこなくても自分自身が集中出来ている感覚があればそれだけでも大丈夫です。

ヨシタカ
サードアイ以外は全ての意識をなくすくらいの気持ちで行なうと見えてくるよ!

相手に意識を向けてみよう

ここからが本番です。

今までの準備はオーラが見えやすくなるための方法であり準備でもあります。

オーラを見るためには今までやってきた準備の状態をキープしながら相手に意識を向けていきましょう。

  • 全身をリラックスさせること
  • 目の力を抜くこと
  • サードアイに意識を集中させること

これを常に保ちつつ、最後に相手に意識を持ってくのです。

相手に意識を持っていくためのポイントは、

「自分から相手を見る」のではなく、「自分が相手の中に入っていく」というイメージが正しいです

準備段階の時にも言いましたが、はっきり相手を見るのではなくぼんやりと見ているのか見ていないのか分からないような状態を保ちつつ、相手に意識を集中させてください。

はっきりと見てしまうと目で見てしまい意識がサードアイにいかなくなってしまいます。 しっかりと眉間(サードアイ)を意識してサードアイで見るようにしましょう。

そうやってずっと相手に意識を持っていくと、周りにもやもやとした煙のようなものが見えることがあります。

煙というよりも最初は残像のように見えることもあります。

それがオーラです。

最初は黒だったり灰色だったりと色までは見えませんし、単なる残像くらいにしか見えないでしょう。

勘違いだと思ってしまうかもしれません。

しかしそのなんとなく見えた気がしたものでも、それでも見えるように練習することでだんだんと見えるようになってくるものなのです。

黒でも灰色でも白でも、ちょっともやっと見えたのならオーラがちゃんと見えるようになるまでそんなに遠くありません。

最初は気のせい?だと思ってしまうかもしれませんが、そのうち気のせいではなく確信に変わる時がくるはず。そこまで諦めずに頑張りましょう!

自分自身の感覚がなくなり相手と同調する

そうやって意識や感覚を自分ではなく相手へと持っていくことで自分自身の感覚はなくなっていくでしょう。

「相手になりきる」「相手に入るような」のような感覚です。

客観的に上から見るような感覚にも近いです。

この感覚になってきたら、もうオーラが見えてもおかしくありません。

オーラが見えなくても相手のことがある程度理解出来るようになっているでしょう。

自分の視点や自分から見るという感覚ではなく、意識が別のところにあるような感覚の方がリラックスと集中、そしてサードアイの意識が出来ているのでオーラというのはかなり見えやすい状態になっているのです。

自分自身に意識が入っているとどうしても緊張してしまいますし、その状態ではオーラを見ようと思ってもサードアイが開かれていないので見えることが難しくなります。

その空間に自分が溶け込んでしまっている状態になっていれば出来ている証拠です。

例えば、パズルやゲームなどに集中しすぎて自分自身の感覚がパズルの中に入ってしまっている感覚になることがあるでしょう。

パズルやゲームのことしか頭にないような状態になっていれば完成です。

その状態が作れていればオーラを見れるようになるまではそこまで長い時間はかからないでしょう。

ヨシタカ
相手に意識を持っていくというよりも相手になりきるくらいに自分の意識がなくなるとベスト!

オーラを見る時に意識をするべき3つポイント

オーラを見る時には後ろの壁を見るような感覚で見る

オーラを見る時には直視したり凝視したりはしないで、ぼやっと全体を見るような感覚を忘れないようにしましょう。

それを忘れてしまうと、いくら見える状態になっていたとしても見えなくなってしまいます。

後ろに壁があるならその壁を見るように見ていると目に力が入らずにぼやっと全体を見ることが出来ますし、相手を凝視しなくなるので後ろの壁を見ると良いです。

もちろん壁を見なくても全体をぼやっと見ることが出来るのであればそれでも構いません。

目の力を抜いてリラックスをして見ることが大切なのです。

オーラを見るための目を覚えて忘れないようにしましょう

オーラをしっかりと見えるようになるためにはオーラを見る為の目の状態を作ることが必要不可欠なのです。

とにかく目の力を抜いておでこで全体を見るような感覚です。

前を見ているのだけれど何も見ていないというような、ただぼーっとしている時のような目です。

目を見開くわけでもなく閉じるわけでもなく半目(薄目)を開けているような完全に脱力した目の形を作りましょう。

この目はオーラを見るときにはとても重要なので忘れずにいつでも出来るように練習しておきましょう。

脱力した目を作ることで目の意識がなくなり自然とサードアイが開かれる!

頭を空っぽにして何も考えないで感じることに集中する

オーラを見るときはあれこれ考えずに、頭の中を空っぽにすることがとても重要です

雑念や「オーラが見えるようになりたい」というようなことで頭がいっぱいになってしまうと逆に目なくなってしまうのです。

それはオーラを見ることに集中してしまうので、感じ取ることに集中出来ていないからです。

オーラを見るということはまずは自分が何かを感じ取る必要があるのです。

その感じたものがオーラとして自分の視覚として見えるわけですから、感じ取らなければオーラが見える人でも見えなくなってしまいます。

オーラを見るときは何も考えずに頭を空っぽにすることが大切です。

ヨシタカ
オーラは見よう見ようとすればするほど見えなくなってしまう

オーラがなかなか見えない人のための見えやすくするための方法

オーラを見る方法ではなかなかオーラが見えないという人はオーラが見えやすくなる方法を用いて試してみましょう。

もちろんこちらの方法は何もしなくても見える人はやらなくても大丈夫です。

オーラが見える人でも、この方法を試すとさらに深く見えるようになったり楽に見えるようになったりするので、出来ることはやった方が良いでしょう。

部屋の浄化をする

オーラが見えるようになるためには部屋の環境がとても大切です。

リラックス空間を作ることでオーラは見やすくなるので部屋を浄化しましょう。

その浄化方法でオススメなのがセージを焚くことです。

セージを焚くことで部屋が浄化されて悪いエネルギーや念などがなくなりとてもクリアな空間へと変わります。

セージを焚くことが苦手な場合はアロマを焚くことでも効果があります。

レモングラスだとリラックス効果と部屋の浄化が行えるので特にオススメです。

リラックス効果があるだけでなく部屋を心地良い雰囲気にしてくれます。

音の浄化などもありますので、自分に合った浄化方法をお試しください!

リラックス音楽を流す

リラックス音楽を小さい音で流しておくことで部屋の浄化とリラックス効果があるのでさらにオーラが見えやすい空間へと変えてくれます。

リラックス音楽も自分がリラックス出来れば良いのでどんな曲でも構いません。

波の音でも良いですし、よくCDショップでリラックスミュージックが売られているのでそちらを購入するかもしくはyoutubeでも検索すれば出てくるのでそちらを流してみても良いでしょう。

音楽というのは部屋の中の波動を整えて心地の良い空間にしてくれるので部屋の浄化にはヒーリング音楽やリラックス音楽はとても効果的な方法ですので是非試してみてください。

「ヒーリング BGM」などで調べてみれば良いBGMが出てくると思うので、好きな曲を選んでかけてみましょう!

パワーストーンを使う

パワーストーンには空間や部屋を浄化するだけではなく、持ち主の霊的能力を高める効果があり、潜在意識を開花させる力があります。

他にも空間を浄化してる作用もあるのでパワーストーンは瞑想をする時にもオーラを見る時にもパワーストーンを身につけておくととても効果的です。

身につけておいても良いですし置くタイプのものでも構いません。

比較的安価で効果が高いのは水晶です。

もし自分の中で好きなパワーストーンがないのであれば水晶を用いると良いでしょう。

ヨシタカ
パワーストーンは部屋の浄化と持ち主の感覚を研ぎ澄ませてくれる効果が同時に得られるから便利だね!

背景はの壁は白の方が見えやすい

背景の壁は出来るだけ白に近い色の壁にしましょう。

白の壁紙の場所がないという方も、柄や模様がなければ十分に見えますのでそれでも大丈夫です。

真っ黒の背景でも見えますがそれだとオーラの色が見えにくくなるので出来るのなら白にすることをオススメします。

オーラを見るときにはとても集中力が必要なので、極力意識が別のところへいかないような配慮をしておくことが大切です。

初めてオーラが見えた時にはどのように見えるのか

オーラが見えた時の感覚というのは思ったよりもすごい感覚ではありません。

「おお!すごい!見えた!」のように今までとは全然違った感覚を味わうことが出来れば良いのですが、オーラが見えたとしてもそんなすごい感覚にはなりません。

むしろ気持ちが悪い感覚かもしれません。

はっきりと見えなくてぼやっとしていて目を擦りたくなるような見えにくいような感覚もあります。

全体がはっきりと見えるのではなくとても綺麗にキラキラしているわけでもなく、モヤモヤと少し見える程度です。

「これが本当にオーラなのか?」と疑ってしまうほどです。

しかしそのモヤモヤして視界や空間が歪んで見えたりするものは正真正銘のオーラなのです。

オーラが見える時というのはなんとなく見えているような気がするくらいの感覚から始まっていくものです。

そういう感覚からだんだんと見えるようになっていくのです。

そこから続けていけば自然とはっきりとしたオーラが見えるようになっていくものなのです。

ヨシタカ
オーラが見えても相手のことがわかる訳じゃない!訓練によって徐々に分かるようになっていくもの

オーラの見え方

オーラが見える時というのは、相手(手)の周りにホワホワとした残像が見える程度です。

初めは無色か灰色のホワホワした煙のような残像のようなものに見えるので普通の残像と間違えてしまうくらいのものでしょう。

しかしオーラを見ることはそこから始まります。

そのオーラを残像だと思うのか、それともオーラだと思うのかによってこれからのオーラが見えるようになる為の道が分かれていくのです。

初めに見えるオーラというのはほとんど残像にしか見えないのです。

もちろんいきなり色が見えてすごいと感じる人も中にはいるでしょうが、ほとんどの場合はそんなすごいものではありません。

それを経験してしまうと、

「これだったらもういいや」「こんなものなら見えなくてもいいや」

とそこで諦めてしまう人がとても多いのです。

しかし本当のオーラを見るためにはそこからその残像だと思えるものがはっきりと見えるまでオーラを見る為の練習を続けていくことが大切なのです。

続けていくとオーラが濃く見えるようになり、その後にだんだんと色が見えるようになり、ハッキリと形が見えるようになってくるのです。

そうやってハッキリとオーラが見えるようになってくるとオーラの凹んでいる場所があったり色が違う場所が分かったりします。

怪我でもしているのかなと分かる様になってくるのです。

そうなっていくまでには時間と努力が必要となりますが、そこを乗り越えていくことで初めてオーラがはっきりと見えるようになっていくのです。

オーラが見えるようには感覚を掴むまで大変かもしれない。でも一度感覚をつかめば難しいことではない!

集中力が切れたら休む

オーラを見るというのは結構疲れるものです。

とても神経を使うものですしとても集中するので精神的に疲れてしまいます。

集中力はそんなに長く続きませんし、集中力を必要とするので疲れてしまった状態ではオーラを見ることは出来ません。

疲れたら一旦休みましょう。

10分間練習をするだけでもかなり疲れるので、

最初は10分間練習をして、20分間休憩するくらいを目安にしましょう。

オーラが見える人でも疲れていると見えなくなってしまうものです。

感覚を掴めるまではしっかりと集中力がとても大切なので、休みながら調子が良いときに練習するようにしましょう。

ヨシタカ
普段絶対に使うことのない感覚を使うからしっかりと休憩を取りましょう!

オーラが見えるようになるには3ヶ月を目安にして練習しましょう!

オーラを見るための訓練を始めてもなかなか見えるようにならないということもあるかもしれません。

見えるようならないから心が折れそうになってしまう人もいるかもしれませんが、オーラが見えるようになるためにはそれだけ時間がかかります。

今まで全く感覚もイメージもないところから始めるわけですから時間はかかって当然です。

まずは、

「気のせいかもしれない」「もしかしたら見えているかもしれない」

という状態になるまで練習して、今度はその気のせいが絶対に存在しているはずだと確信に変わるまで練習する必要があるのです。

逆に言えばそこまで強い意識や感覚を刷り込むことが出来ればすぐに見ることが出来ます。

今までにない感覚を身につけるのですからコツがいるのです。

早い人では3日くらいで見えるようになる人もいれば、半年くらいかかる人もいます。

それは完全に個人差があります。

平均的には3ヶ月〜6ヶ月くらいで見えるようになると思います。

しかし、ちょっとぼやっと見えるくらいになるには2日〜3日くらいで見えるようになります。

色が見えるようになるまでには時間がかかると思いますが、気長にやっていきましょう。

ぼやっと見えるだけでもすごいことなのです。

そうやって感覚の回路を少しづつ繋げていく事でしっかりと見えるようになっていくのです。

意識の刷り込みには時間がかかってしまいますが、逆に言えば刷り込むことさえ出来ればいつでも見ることが出来ます。

難しいかも知れませんが、楽しみながら気長にやっていきましょう。

個人差は大きいけれど3ヶ月くらいを目安にしよう!焦らず気長に練習をしていくことが大切です。

気長に続けていこう

オーラが見えるようになる時というのは突然やってくるものです。

オーラを見るということ自体がとても感覚的なものなので、苦しいことを乗り越えたら出来るようになるというものではありません。

いつ見えるようになるかは分からないものです。

無理をしたり焦ったりするとエゴが強くなり余計に見えなくなってしまいます。

練習するときには、「見えたら良いな」という心に余裕を持って気長に練習していくことが大切です。

潜在意識が開かれるのも自分の感覚が変わっていくのも、そして自分自身がオーラが存在するという感覚に切り替わるまでには時間がかかります。

それは思い込みが強ければ強いほど時間がかかります。

オーラの存在を受け入れられるようになるまではなかなか見えるようにはなりません。

ゆっくり気長にやっていきましょう。

オーラの存在を完全に信じられるようになった時に見えるようになるものなのです。

あとがき

オーラを見るためには集中力と精神力、そしてリラックスが何よりも大切です。

どうしても最初はオーラを見ようと思ってしまいどんどん緊張してしまうかもしれません。

しかしそれでも心を無にして頭を空っぽにして、寝ているくらいのリラックス状態を作るようにしましょう。

見えなくても焦らないでください。

気長に訓練していくことで自然に見えるようになってくるものです。

見えるようになる瞬間は突然訪れます。

オーラは目で見るのではなく感覚で見るものです。

それさえ意識をして地道に練習していけば、見えるようになっていくでしょう。

ぜひ参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

オーラの見方のまとめ
  • オーラを見るためには適度なリラックスと集中直がとても大切!
  • 目の力を抜いてサードアイを意識をすることでオーラは見えやすくなる!
  • 最後に相手に意識を向けてみよう!自分ではなく相手が主役だと思うことでオーラは見える!
  • オーラは目で見るのではなく、感覚で見るということを忘れないように!
オーラを見ることに執着しないように気長に頑張ろう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメントはこちら

コメントする

目次
閉じる