生きていれば後悔してしまう事はあるでしょう。

失敗したり、やらなきゃ良かった事で後悔することももちろんありますが、一番大きな後悔を生みます。

やってみて失敗した後悔というのは自然と無くなっていくものです。

失敗すると分かっていたり、悪い事だと思ってやってしまった事は後悔を生むかも知れませんが、良かれと思ってやる事で後悔する事はほとんどないでしょう。

その結果、人を恨んだりとかそういう嫌な念が残る事はないでしょう。

だって自分がやると決めてやった事ですから、全て自分の責任として受け止められるはずです。

失敗しても後悔はないのですから、自分の人生というのは自分で決めた方が絶対に良いのです。

人に決められてやることというのはうまくいかなければ後悔を生みます。

そしてその時に、その人への恨みや憎しみの心が生まれてしまうのです。

結局その選択をしたのは自分なはずなのに人を恨んでしまうのです。

恨みは後悔しか生みません。

だからこそ人になんと言われようと自分の人生は自分で決めるべきなのです。

やった方が良いと思った事はやるべきなのです。

それが自分の人生を自分らしく生きて、そして後悔のない人生を送るために必要なことなのです。